「石巻牛タンつくね串」の初詣

酔っぱらっているうちに年が明けてしまった。気がついたら今日は3日。新年おめでとうございます。2016年、平成28年、戦後二度目の丙申(ひのえさる)。波乱の予感がプンプン匂う。さて、どんな年になりますか、不安半分楽しみ半分。

ウマズイめんくい村の初詣は埼玉・久喜市の鷲宮神社。前日から「寝込んでなんかいられないわよ、初詣に行くぞー」と張り切っていたゴッドマザーは寒さのため、自宅で留守番。お江戸で修業中のキオと村民2号、それに村長とで朝陽の中を出店で賑わう大鳥居前に到着。ここは関東最古の神社としても知られ、ここ数年はアニメ「らき☆すた」の舞台として、オタク族のメッカにもなっている。
              鷲宮神社11 
              初詣はここ(鷲宮神社)
              鷲宮神社5 
              お呼びでない?
              鷲宮神社4  
              何を願う?
              鷲宮神社⑨ 
              ボクの出番や

行列に並んでいる間、出店の一角に「東北復興市 宮城県石巻市」の看板が見えた。去年はなかったように思う。「石巻牛タンつくね串」(1本200円)の文字と「ずんだしるこ」(1杯250円)の文字が見えた。今年の食べ始めはこれに決まった。石巻は3.11後二度訪れていて、いつも心のどこかで気にかかっている場所。
              東北復興市⑤  
              東北の味よ

しっかりと鷲宮神社の神さまにお参りをしてから、お札と破魔矢をいただく。キオと村民2号がおみくじ。二人とも中吉だった。「凶じゃなくてよかったわ。いい年になりそう」と小躍り。ついでに村長も引いたら大吉だった。意味もなく寺内大吉さんを思い出す。それから「石巻牛タンつくね串」と「ずんだしるこ」の下へ。

「牛タンつくね串」は3.11後に石巻復興プロジェクト「希望の環」プロジェクトがプロデュースして人気を呼んだB級グルメ。まさか鷲宮神社で、しかも初春に出会えるとは、これは神さまの何かの意思かもしれない。味噌ダレを選んで、ガブリと食らいつく。鳥つくねと牛タンの粗挽きと味噌ダレが絶妙に旨い。B級グルメイベントで人気を呼んだだけのことはある。
              東北復興市④ 
              B級グルメの星?
              牛タンつくね串 
               かじりつけ

キオも「初詣の味としては合格」。村民2号は「3.11からもうすぐ5年になるのね」と遠くを見る目線。村長もじっと手を見る。東北の復興は思ったほど進んでいない。特に原発事故を抱えた福島は苦しい。「福島の復興なくして日本の再生はない」と言ったあの言葉は巧言令色だけだったのか? 実体隠しが巧妙に進む中、ジャーナリズムの矜持はいずこへ? 
              東北復興市⑦ 
              珍しいずんだしるこ
              ずんだもち① 
              深い味わい

頭を切り替え、「ずんだしるこ」へ。村長も初めての賞味。山形産だだっちゃ豆を使ったあんで、中の餅は秋田のだまこ餅。きりたんぽと同じうるち米を丸めたもの。それが2個、熱々のずんだあんの中に沈んでいた。ほどよい甘さで、ずんだの風味と旨さが胃袋に滲みる。東北は近くて遠い、遠くて近い。3.11後の明日の日本でもある。それを肝に銘じながらしっかりと、味わう。

その後、「スターウォーズ フォースの覚醒」を見に菖蒲モラージュへ。キオお勧めの一作。シリーズの中でもかなりの出来栄え。現実とはほど遠いSF映画のはずが、今の世界につながっている。ただのエンターテインメント映画ではない。「でも、ずるいエンディングね。次が見たくなっちゃったわ。商売が上手すぎ」チクリと村民2号。ざっと、こんな感じで2016年がスタートしたのだった。

本日の大金言。

東北から始める新年。忘れようとしても忘れることはできない。一日のうち30秒でもいい。東北を、福島のことを想いたい。今ここにいる意味もまた。



                         鷲宮神社10 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR