明治のまさか、人形町「特製カツ丼」

 江戸でのミッションがのびてしまい、すっかり日が暮れてしまった。久しぶりに大好きな街、人形町をぶらり。腹の虫がきゅっと鳴いたので、甘酒横丁の老舗洋食屋に立ち寄ることにした。明治45年創業「小春軒」である。ここのいいところは老舗なのに、格式ばったところがないこと。初代小島種三郎はあの山形有朋のお抱え料理人だったお方。当時、すご腕のコックだったことがわかる。
              小春軒① 
              この風情
              小春軒 
              いい店構え

村長はエンタメ新聞社時代に何度か足を運んだ。メンチカツや海老の盛り合わせが特に旨かった。今回は久しぶりの訪問。店はテーブル席が4つほど。さらに正面にはカウンター席もある。その対面が厨房になっていて、そこにコック服姿の四代目と五代目がいい雰囲気で料理に励んでいた。街の洋食屋の気配が心地よい。
              小春軒4 
              メニュー

近くのおばさんのような女将さん(三代目の奥さん)がお茶を運んできた。まずはビール(小500円)を頼む。さらにメニューの中から「小春軒特製カツ丼」(しじみ汁付 1300円=税込み)を頼んだ。このところメディアに取り上げられることの多いメニューで、その独創に驚く。初代が考案したカツ丼で、煮込みカツ丼ともソースかつ丼ともタレカツ丼とも違う。明治の料理人、恐るべしのドンブリ。
              小春軒② 
              お待ちい~

いい匂いが厨房から流れてきた。ビールでのどを潤しながら、歴史の浸みこんだ店内を楽しんでいると、12~3分ほどで、「特製カツ丼」がやってきた。蓋を取ると、まず半熟の見事な目玉焼きが「よろしくね」とあいさつしてきた。その周りには隠し味でもあるデミグラスソースで煮た人参、玉ネギ、ジャガイモ、グリーンピースが色とりどりに広がっていた。ポエム。
              小春軒5  
              驚きのカツ丼

しじみ汁をまずはひと口。穏やかな味わい。賽(さい)の目切りの野菜は形が崩れないギリギリの緊張感で、いぶし銀の旨さ。その下の豚カツが絶妙だった。大きな一枚を切るのではなく、見事な揚げ色のひと口カツが数えてみたら5枚。パン粉のきめが細かい。ほのかにラードの香りが発散している。醤油ベースの甘めのタレをくぐらせているようで、肉の厚さは1センチほど。それが実に柔らかい。美味。多分ヒレ肉で、一枚一枚形が違うのが面白い。
              小春軒⑤ 
              明治の凄味
              小春軒⑥ 
              ひと口カツが5つ
              小春軒⑦ 
              上質の肉
              小春軒⑨  
          半熟玉子焼きの行方
              小春軒11 
              美味の断面
              小春軒12 
              秀逸なカツ

炊き立てのご飯は立っていて、甘めのタレがほどよくかかっている。脂身の好きな村長だが、上質な豚カツの旨みに、明治の初代の独創に敬意を表したくなった。お新香がないのは洋食屋の矜持か。気さくな女将さんと、ここを毎日のように利用していた経済ジャーナリストM氏の話などをしばし雑談。ほろ酔い気分。

「特製カツ丼」は太平洋戦争を挟んでしばらく中断していたそうで、三代目が再現復活したものだそう。帰りがけに、ふと野暮を承知で四代目に「この豚肉はどこのブランド肉?」と聞いてみた。すると、「どこの肉かわかりません。すぐ近くの『日山』から仕入れてますんで」。オメーン一本! 「日山」とは旨いはずだ。人形町の老舗洋食屋に聞くには野暮すぎた。サル年に反省猿・・・座布団一枚取り!

本日の大金言。

明治人の気骨と独創と工夫には驚かされることが多い。平成が100年後どうとらえられるか、見てみたい。


                        小春軒13 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR