江戸歌舞伎流?こってり「味噌ラーメン」

 本日もさぶ~。こう寒い日が続くと、味噌ラーメンが食べたくなる。江戸での小会議を終えて、京橋方面へとぶらりぶらり。このあたりは宮仕え時代にもよく歩いた場所。「江戸歌舞伎発祥の地」の碑を見る。松竹の創業者・大谷竹次郎が建立したもの。寛永元年(1624年)に初代中村勘三郎(猿若勘三郎)が開いた中村座があった場所を「江戸歌舞伎発祥の地」としたようだ。歌舞伎には無縁な村長だが、つい立ち止まってしまう。400年近く前の歌舞伎ってどんなものだったんだろう? 
              江戸歌舞伎発祥の地 
              江戸歌舞伎がここから?(東京・京橋)

そのすぐ近くに味噌ラーメンの人気店「どみそ本店」がある。8~9年ほど前、二三度食べて、その旨さが記憶に残っている。当時はそれほどの人気はなかったと思う。今では暖簾を7軒ほどに広げ、都内でも有数の味噌ラーメンの名店になっている。今回、久しぶりに思い出し、暖簾をくぐることにした。いつの間にか午後三時半を回っていた。小腹がすくはずだ。
              どみそ 
              どみそ本店

時間が時間なので、行列はない。黒を基調にした店内はカウンター席が10席ほど。相変わらず狭い。先客は4人ほど。かなりのラーメン好きの外国人が慣れた手つきで、味噌ラーメンを旨そうに賞味していた。うむ。券売機で「みそこってりらーめん(背油あり 780円)を押した。背油は苦手だが、以前食べたのもこってりしていたので、確認の意味でこちらを選んだ。
              どみそ③ 
              ラーメン通の外国人も
              どみそ② 
              メニューの選択

7~8分ほどで「みそこってりらーめん」が登場。早すぎる。味が落ちているのではないか、と危惧した。深めのドンブリにモヤシとコーンがどっさりと乗り、赤味噌ベースのスープが濃厚な世界を作っていた。いい匂いが立ち上がっている。ドンブリの縁には海苔が二枚。まずはスープをひとすくい。
              どみそ⑤ 
              これこれ
              どみそ④ 
              急がば回れ

スープの濃厚な旨さは昔のまま。豚骨、鶏ガラ、ニンニク、ニラ、生姜、唐辛子などの複雑なエキスがじっくりと滲み込んでいるのがわかる。黒ごまも浮いている。他にも何か隠し味があるに違いない。思ったほどのしつこさはない。むしろ穏やかな旨味が冷え切った体の中に広がっていく感じ。相変わらず旨い。かすかに化学調味料の匂いが残るもニンニクの余韻が心地よい。
              どみそ⑥ 
              ズープの旨さ

極太の麺が秀逸。浅草開花楼の特注麵で、もっちり感とごわごわした食感が融合している。歯切れ感がとてもいい。濃厚な味噌スープに合っている。モヤシのシャキシャキ感も昔のまま。コーンもいい鮮度。スープを飲み干すと、9割7分ほどの満足感。あえて言うと、ボリュームがやや物足りない。チャーシューをトッピング(3枚200円)すればよかったとやや後悔。
              どみそ⑦ 
              極太麵の秀逸

ここの創業者は元証券マンで、深川生まれ。札幌ラーメンとはひと味違う東京の味噌ラーメンを作ろうと、10年ほど前にこの世界に飛び込んだそう。とはいえ、麺などの違いは少々あるが、どう見ても札幌系の味噌ラーメンだと思う。出雲の阿国が京都で歌舞伎を起こしたように、初代勘三郎もその流れから江戸で歌舞伎を起こしたとしたら、この味噌ラーメンも本歌取りかもしれない・・・と書いたところで、こじつけがひどすぎるかと気づいた。ありゃりゃ、食えない味噌を付けてしまった・・・。

本日の大金言。

京橋・日本橋周辺は江戸文化の発祥地でもある。当時は魚河岸も近くにあり、遊郭吉原(葦原)も現在の人形町に誕生していた。東京のこってり味噌ラーメンがここから出発したのも偶然ではないかもしれない。



                            どみそ⑧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR