閉店デパ地下の「十勝おはぎ」

 「保育園落ちた。日本死ね!!!」のツイッターが話題になっているが、「日本は一体どうなってるんだ?」と思うことがこのところ多々ある。世界の状況と同じように、平和な国・日本も難しい時代に突入しているのは確かだ。こういう時は渋茶でも飲みながら、「あんこ」菓子を食べるに限る。
              西武春日部店3 
              ああ西武春日部店!

埼玉・春日部にある唯一のデパート「西武春日部店」が今月いっぱいで閉店となる。目下「閉店売りつくし」セール中。「30年のご愛顧、誠にありがとうございました」の垂れ幕が悲しい。西武というよりロビンソンの方がしっくり来る。3年前に「ロビンソン春日部店」から「西武春日部店」になったが、売り上げ減を止められずに、閉店の道を選んだ。イオンモール春日部の出現で、客を食われたことも大きい。
              西武春日部店1 
              日本はどこへ行く?

この地下一階食品売り場は村長の遊び場の一つでもある。ロビンソン時代から含めて20年ほどの付き合いだが、お別れに行かなければ、とポンコツ車を走らせたわけである。ここの「十勝おはぎ」が旨い。サザエ食品が清算してしまったために、今は春日部の瀬田商が引き継いでいる。たい焼きも人気だが、何と言ってもおはぎが村長のドンピシャ好み。別れのおはぎ、とは悲しすぎるが、最後は笑って別れたい。
              十勝おはぎ① 
              うれし悲し

閉店セール中なのか、1個150円が125円(税込み135円)になっていた。つぶしあんのおはぎときな粉のおはぎを一個づつ買い求めて、キーコーヒーでブレンドコーヒーを飲みながら(残念ながらお茶はない)、まずはつぶしあん。大きめで裏側まで柔らかなつぶしあんがびっしりと付いている。この丁寧さがとてもいい。底にあんこのない手抜きおはぎが最近は多い。
              十勝おはぎ11 
              別れのおはぎ
              十勝おはぎ④ 
              見事なおはぎが・・・

口に入れた瞬間、北海道十勝産のいい小豆の風味が口中に広がった。柔らかくふくよかな風味。かなり抑えた自然な甘さがけな気である。つぶしあんの量も文句がない。中のもち米も北海道産もち米を使用、その伸びやかなもっちり感もとてもいい。脳内エンドルフィンが春風となってじゅわりと出てくるのがわかった。これこれ。
              十勝おはぎ⑤ 
              別れたくないわ
              十勝おはぎ⑥ 
              おはぎの横綱
              十勝おはぎ⑦ 
              きな粉の秀逸

続いてきな粉。きな粉の風味と中のつぶしあんが絶妙で、どこかの仙太郎などよりも村長の評価は上。京都「今西軒」のおはぎと比べても、さほどの遜色がないと思う。キーコーヒーを飲みながら、絶妙で、素朴で、ていねいなおはぎを味わい尽くす。別れの予感が感情を揺り動かす。大きさといい、安さといい、これほどのおはぎが春日部で食べれなくなるとは・・・悲しみが次第に怒りに変換してきた。

西武の跡地がどうなるのかはまだ最終的には決まっていないようだが、せめてこの「十勝おはぎ」は存続できないものか。
「この後はどうなるの?」
店のスタッフに聞いてみた。

「何とか存続したいんですけど、まだ決まっていないんですよ。この周辺で店を続けたいと思っているんですが」
いささか悲しい声が返ってきた。だが、まだ希望はある。十勝おはぎのない春日部なんて悲しすぎる。「日本、死ね」とまでは言わないが、「日本よ、おはぎを救ってくれ」と吠えたくなった。寒空へ鹿馬が一匹叫びおり

本日の大金言。

東京に人口がさらに集中し、地方がどんどんさびれていく。実体のない、掛け声だけの「一億総活躍社会」より、「一個のおはぎ活躍社会」の方が未来が開けると思う。ホンマに。



                          十勝おはぎ10
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR