三鷹で涙の食堂カレーライス

 知人の告別式の帰りに、東京・三鷹に立ち寄ることにした。

三鷹は十年近く暮らした懐かしい場所。もう一度住むなら三鷹がいい、と思うほど気に入っていた街で、井の頭公園を通って吉祥寺までも自転車で15分ほどで行けた。村長にとっては天国に最も近い街、でもある。

ン十年ぶりのお散歩。時計を見ると午後1時半。ディープなラーメン好きに愛された中華そば「江ぐち」はすでになく、その伝統を受け継いだ「中華そば みたか」はあいにくお休み。くびすを返して、もう一つのディープな食堂の暖簾をくぐることにした。

知る人ぞ知る「いしはら食堂」である。南口から歩いて10分ほど、下連雀3丁目の通り沿いに「御食事の店 いしはら」の看板が見えた。創業は昭和50年(1975年)。建物がきれいになっていたので、リニューアルしたようだ。
         いしはら食堂 
         三鷹の奇跡か

だが、メニューはほとんど昔のまま。軽い驚き。「定食 安い、うまい、早い、品数多し」の文字に偽りはない。朝5時から店を開け、朝からお酒も飲める。ここで朝飯を取るサラリーマンやOLも多い。
         いしはら食堂1 
         タイムスリップ?
         いしはら食堂③ 
       カレーライスにすっべか

カウンター席ではなく、テーブル席に腰を下ろして、まずはビール(中ビン 税込み440円)とポテトサラダ(100円)を頼んだ。若女将だろうか、女性スタッフの自然な対応がとてもいい。カウンター席の向こうが板場になっていて、そこに店主とおぼしき白衣の店主が黙々と働いていた。ポエム。
         いしはら食堂④ 
         ポエムな食堂

カウンター席の上にずらりと下がっている手書きのメニュー。その数、優に50種類はある。そのすべてが手作り。時計が昭和のまま止まったような、その安さ。その手間ひまと店主の考え方を思うと涙がぽろっと出かかる。知人の告別式の余韻で涙腺が緩んでいる? 「あじのフライ一枚 110円」「生姜焼き 280円」「メンチかつ2個 150円」「まぐろぶつ 250円」などなど。
         いしはら食堂⑤  
         昼から天国
         いしはら食堂2 
       手づくりポテトサラダ

ここの名物の一つ「さば焼き」(180円)を追加、仕上げとして「カレーライス」(360円)も頼んだ。このさば焼きが脂の乗った見事なさば焼きだった。注文してから作り始めたので、焼き上がるのに10分ほどかかったが、塩加減といい、焼き方といい、安食堂(失礼)のものとは思えない旨さ。ポテトサラダは甘めで、それは好みの別れるところだが、100円という値付けに驚かされる。
         いしはら食堂⑥ 
         名物さば焼き

鮮度のよさがわかるさば焼きをつつきながら「昼からビール」。お清めの意味もある? 頭の中には「天国よいとこ、一度はおいで。酒はうまいし、ねえちゃんはきれいだ」のフレーズが回っている。天国の知人も飲んでいるに違いない。
         いしはら食堂3 
       仕上げはカレーライス

おっと。仕上げに登場した「カレーライス」を書き忘れるところだった。昭和の手づくりカレーライスで、360円という安さが信じられない。小麦粉からじっくりと炒めて作っているのがわかる素朴な味わい。肉は少ないが、玉ネギとニンジンが溶け込んでいる。こってりとした甘み。特筆したいのはライスの旨さ。食堂の良し悪しをはかる大事なポイントはライスとみそ汁だと思う。
         いしはら食堂5 
         手抜きがない
         いしはら食堂⑨ 
         素晴らしき世界

固からず柔らかすぎず。その真珠のようなツヤといい、滲み出る甘みといい、申し分がない。この安さで手抜きがない。BGMのAMラジオが流れている。ここにもいい職人がいる。三鷹にかような食堂があることに感謝せねばなるまい。

本日の大金言。

強欲と悪知恵。どこかの都知事とは対極の世界がまだ残っている。カネカネの心の貧しさ。世界一貧しい大統領の言葉が胸に滲みる。




              いしはら食堂12 







 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR