千住宿のパーフェクトモーニング

 東京・兜町ペンのデスク稼業に向かう途中で、北千住に立ち寄ることにした。軽く朝メシをどこかでとるためである。腹が減っては戦が出来ぬ。(腹が一杯でも戦はできぬが・・・)。

目指すは西口から歩いて5分ほどの「千住宿 珈琲物語」。ここは北千住でも有数のコーヒーの美味い喫茶店で、かつて村長が北千住に別宅を持っていた時に、ふらりと寄ったりした。イラストレーターなかだえりさんなど常連客も多士済々。
         珈琲物語① 
         お久しぶり

ここのモーニングが「うむ」という内容なのである。店構えからして、クラシックレトロな造りで、入った途端、自家製焙煎コーヒーのいい香りとジャズが「ようおいでなすった」と出迎えてくれる。
         珈琲物語③ 
       老若男女のファン

長いカウンター席とテーブル席の室内はウッディーで、カウンター席の背後には約300ものコーヒー茶碗が並んでいる。有田焼からヨーロピアンまで、これだけのコーヒー茶碗のコレクションは都内でもそうはない。焙煎機まで置いている。創業は昭和62年(1987年)。マスターのこだわりが半端ではないことがすぐにわかる。
         珈琲物語② 
         モーニングが狙い目

その分、コーヒーは安くはない。一番手ごろなマイルドブレンドが520円(税込み)。その意味でも「モーニング」(税込み620円)は狙い目なのである。丸型のテーブル席に腰を下ろして、愛らしい女性スタッフに「モーニング、頼むよ」とひと言。マイルドブレンド、厚焼きトースト、自家製ポテトサラダ、それにゆで卵。コスパ的にもほぼ完ぺきなモーニングだと思う。

ここでは急いではならない。ゆっくりと待つ。コーヒーの香りとBGMのチャーリー・パーカーが心地よい。12分ほどで、モーニングが到着。これこれ、有田焼のカップからコーヒーのいい香りと湯気がゆらゆらと立ち上っている。
         珈琲物語④ 
       パーフェクトモーニング?

トーストは厚めのものが3切れ。山型食パンは「都内の老舗パン屋から仕入れている」そう。コーヒーをひと口飲んでからガブリと行く。バターの塗り込み方とカリカリ感が絶妙で、中のパン生地の密度の濃いもっちり感がとてもいい。シンプルだが、よく考えられた味わい。
         珈琲物語13 
         厚切りトースト
         珈琲物語⑦ 
         パンが美味い
         珈琲物語12 
         絶妙な焼き方
         珈琲物語1 
         幸せな朝がくる

自家製ポテトサラダはポテトを丁寧にすりつぶしていて、塩加減がほどよい。ジャガイモの鮮度のよさ。ゆで卵も完熟と半熟のちょうど中間くらいで、妙に媚びたところがない。さり気ないワザとスタイルが好感。
         珈琲物語⑧ 
         自家製ポテトサラダ
         珈琲物語10  
         ゆで卵の技術

パーフェクトヒューマン・・・じゃなかったほぼパーフェクトモーニングではないか。ただあえて言うと、生野菜がない。その理由はわからない。ポテトサラダの横にトマトでもあれば「アイム・パーフェクト・モーニング」になると思う。コーヒーの美味さは申し分ない。

以前、京都で食べた無名の喫茶店のモーニングに負けない、古典的なモーニング。「千住宿」という江戸時代の伝統をコーヒーで提供するという静かな心意気を感じる。チェーン店では味わえない職人の仕事がここにも生きている。

本日の大金言。

いいコーヒーとトーストがあれば、いい朝になる。いい喫茶店が少なくなりつつある中で、しっかりといいモーニングを出す。そういう店を大事にしたい。


                 珈琲物語11 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR