南会津の希少菓子「三本指」

 今回の旅の大きな目的が南会津町の「阿久津製菓」を訪ねること。今年5月に埼玉・伊奈の「バラまつり」の会場で、たまたま阿久津製菓が出品していた。そこで見つけたのが「三本指」という餅菓子だった。

阿久津製菓は南会津町伊南(いな)地区の和菓子屋さんで、伊奈と伊南という地名つながりで仲良くしているようだ。その「三本指」が珍しい形と独特の食感で村長のお気に入りとなった。

その時の縁で、南会津へポンコツ車を走らせようとなったのである。阿久津製菓は沼田街道に面した古町にこじんまりと看板を掲げていた。創業は明治から大正にかけて、和菓子修業をした初代が開いたようだ。百年以上の歴史がある老舗で、現在は二代目とそのご子息の三代目が暖簾を受け継いでいる。
         阿久津製菓① 
        希少な和菓子屋さん

二代目が出迎えてくれ(三代目は営業で外回り中)、製菓場でお茶をごちそうになりながら、和菓子談議に花が咲いた。「三本指」(6個入り 350円)を買い求め、さらに郷土菓子「石ごろも」(19個入り 350円)も買い求めた。「あんパン」「茶まんじゅう」など定番の他に、「幻のロールケーキ」(1本1200円、箱代100円)など新しい人気商品もある。
         阿久津製菓② 
      あんこ作りは大変
         阿久津製菓③ 
    出来上がったばかりのこしあん

さて、その「三本指」。二代目によると、初代から受け継いだ和菓子で、作るのに手間ひまがかかるそう。ウマズイめんくい村に戻ってから賞味することにした。餅菓子の一種で、三本指でつまんだような形。表面は柔らかな落雁のような白い糖衣で包まれている。その下は求肥餅(ぎゅうひもち)で、こしあんを包み込んでいる。
         三本指② 
         これが三本指
         三本指① 
         伝承の餅菓子

茶席にでも出てきそうなきれいな餅菓子で、まずはひと口。外側の雪のような糖衣の食感がとてもいい。さらに求肥餅とこしあんが柔らかく口中に広がってくる。添加物などはむろん使用されていない。
         三本指④ 
         雪景色?
         三本指⑤ 
       こしあんの美味さ
         三本指⑥ 
         独特の食感

そのバランスが秀逸だと思う。こしあんを製餡所任せの和菓子屋が増えているが、ここでは二代目がしっかり手作りしている。やや甘めで、小豆の風味と、塩気がよく効いていて、失礼ながら、かような場所にかような餅菓子が存在していたことに驚く。

「石ごろも」は半生菓子の石衣の一種。懐かしい駄菓子のようで、一見石ころのようにも見える。外側の糖衣と中のあんこがやや固めで、それがいい食感となっている。あんこには小豆の他に麦こがしやクルミ、ごま、黒糖なども練り込まれていて、どこか月餅のあんこのようでもある。京菓子の松露の駄菓子版といったところ。
         阿久津製菓① 
         こちらは石ごろも
         石ごろも④  
         半生菓子どす

3.11の風評被害で、一時苦しい局面もあったようだが、現在はその添加物を使わない丁寧な仕事ぶりが再評価され、少しずつだが販路を広げている。こういう和菓子屋を大事にしたい。

本日の大金言。

山奥で百年以上も暖簾を守り続けること。それを受け継いでいく困難と強い意志。首都圏の和菓子屋とは違った意味で、こうした希少な和菓子屋を応援できる。注文して食べてみる。ネット活用の意味はそこにもある。考えてみてほしい。百年以上も雪深い山奥で暖簾を守り続けている姿を。



                 阿久津製菓④ 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR