埼玉で上州?意外な定食

 久しぶりにシバの女王から極秘情報が入った。
「久喜・鷲宮に上州っていう美味い店を見つけたわ。隠れた名店だと思う。きっと村長も気に入るわ」

上州だとォ?上州生まれの村民2号が喜ぶに違いない。だが、肝心の料理内容を聞き逃してしまった。上州料理と言えば、コンニャクか赤城牛か麦豚くらいしか思い浮かばない。多分、その中の一つだろう。村民2号に話すと、「埼玉で上州料理だなんて、気が進まないわ」と乗ってこなかった。
        和食上州 
        埼玉の上州

翌日、シバの女王がその店でランチを食べるというので、便乗することにした。B級シンジケートの一人、聞き耳のキクちゃんも同乗。ポンコツ車をぷかぷか飛ばした。鷲宮神社からそう遠くはない鷲宮2丁目にその「上州」が潜んでいた。住宅街の中。一軒家の和食屋だった。意外な場所にいい店構え。

時刻が正午ちょい過ぎだったこともあり、駐車場は満杯だった。仕方なく周辺をウロウロして時間調整をする。入り口にランチメニューのボードが置いてあり、村長の目は「まだい刺身と鳥から揚げ定食」で止まった。
        和食上州① 
        意外な展開に

村長の予測が完全に外れた。ようやく15分後に暖簾をくぐると、いい料理屋の佇まい。見事な一枚板の白木のカウンター席とテーブル席、それに奥にも座敷がありそうだった。カウンターの奥には白い板前姿の店主が料理作りに励んでいた。隙のない動きで、ここが本格的な和食屋だと理解できた。シバの女王が言った通り、隠れた名店の予感。
        和食上州④ 
        いい雰囲気
        和食上州③ 
        本日のメニュー

テーブル席に案内されて、村長は「まだい刺身と鳥から揚げ定食」(税別770円)頼むことにした。シバの女王と聞き耳キクちゃんは「わらさ刺身とメンチカツ定食(同770円)を頼んだ。

12~3分後、角盆に乗った「まだい刺身と鳥から揚げ定食」がやってきた。注文と同時に揚げられた鳥から揚げはかなり大きめのものが3個、それに見事な真鯛の刺身。真鯛の刺身は皮を残す皮引きで、店主の腕前がかなりのものであることがうかがえた。味噌汁と炊き立てのご飯(盛りがいい)、それに小鉢が2品。
        和食上州⑥ 
        うむむの定食
        和食上州⑦ 
        上空より

これが当たりだった。真鯛の刺身の鮮度と美味さに感心。さらに鳥から揚げが圧巻だった。レモンを絞ってから、熱々をガブリと行くと、コロモのサクサク感と鶏肉のジューシーが口中に広がった。鶏肉は多分モモ肉で、下味がいい料理屋のものだった。かすかに生姜の香り。薄口醤油が繊細に効いている。
        和食上州1 
        真鯛の刺身
        和食上州10 
        板前の腕
        和食上州⑧ 
      秀逸な鳥から揚げ
        和食上州11 
      サクサクとジューシー

定食の基本、味噌汁とご飯も「おもてなし」の心がこもっている。さり気なくフツーに美味いのが好感。ご飯の量が多いので、ダイエット中の人は事前に少なめとお願いした方がいい。かような場所に隠れた名店があることがうれしい。支払いの時に、店主に「なぜ上州?」と聞いてみたら、「私は二代目ですが、オヤジの出身が上州なんですよ。それで屋号にしただけです」とか。なあーんだ、というオチ。
        和食上州⑨ 
        炊き立てご飯
        和食上州12 
        味噌汁

その初代オヤジさんも店を手伝っている。この場所に店を開いて、すでに50年以上経っているそう、約2年前に店をリニューアルしたそうで、話している間にも客がどんどん入ってきた。地元に愛されている料理屋は貴重だと思う。次は村民2号とゴッドマザーを連れてくるっきゃない。「あたしゃあ、酒は冷やがいいよ」天井から赤城おろし・・・じゃなかった、ゴッドマザーの声が聞こえてきた気がした。

本日の大金言。

隠れた名店は意外な場所に確かにある。ネットにもガイドブックにもあまり出ていない。宣伝臭い表面のグルメ情報より口コミの情報。探せばいい店はいっぱいあるかもしれない。教訓。



                 和食上州13 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR