東京の穴場で「びえい豚カレー」

今回はとっておきの情報をご紹介しよう。東京・有楽町駅前にある交通会館地下。ここは村長の好きな場所の一つだが、最近ここにいい隠れスポットを見つけた。「丘のまち美瑛(びえい)」である。メディアにもあまり載っていないのが実にクールである。
         丘のまち美瑛 
      都心とは思えない

美瑛町は富良野と旭川の中間に位置する丘のきれいな町で、ここはそのアンテナショップとして、2012年にオープンしている。豊富な農作物の中でも特に美瑛産の希少な小豆「朱鞠(しゅまり)」が秀逸で、たまたま買い求め、自宅であんこを作ったところ、色・風味・味わい共に素晴らしいあんこが出来上がった。腕よりも小豆の美味さだと思う。何より、その安さにも驚いた。今年春の時点で、1キログラム500円台だった。これは通常だと500グラム、つまり約半分の価格。スタッフに聞くと、地元と同じ価格で提供している、とか。
         丘のまち美瑛① 
         まさかの値段

むろん、今回もその「しゅまり小豆」を買い求めた。750円にやや値上がりしていたが、それでもかなり安い(現地と同じ価格)。特にあんこ作りが好きな人なら、近くに行った時にでもぜひのぞいてみてほしい。
         丘のまち美瑛② 
         ランチメニュー

さて、本日取り上げるのは、ここで食べた「びえい豚カレー」(税込み800円)。美瑛町のきれいな丘の風景写真が広がるスペースに開放的なカフェコーナーがあり、そこでランチとなった。びえい豚は美瑛町の特産豚で、肉質が柔らかく甘みを含んでいるのが特徴。そのカレー。残念ながらレトルトだが、これが思った以上に美味かった。
         丘のまち美瑛③ 
         びえい豚カレー
         丘のまち美瑛④ 
         ルーがたっぷり
         丘のまち美瑛⑤ 
      トウモロコシ入りライス
         丘のまち美瑛2 
         こってりカレー

見るからに濃厚でこってりしたルーにはびえい豚がゴロゴロ潜んでいた。タマネギやニンジンなど美瑛産の野菜がすっかり溶け込んでいて、複雑な旨味が舌先に残る。タマネギの甘さだろう、甘めのカレーで、スパイシーさは見た目ほどない。辛さよりもこってり感を優先したカレー。
         丘のまち美瑛⑥ 
         びえい豚がゴロリ
         丘のまち美瑛⑦ 
       ま、ひと口

びえい豚は肩肉ではなく「腕肉」を使っていて、表面のうっすらとした脂の乗りと中の赤肉のバランスがいい。それがじっくりと煮込まれているのがわかる。

ライスは美瑛産の「ななつぼし」(特Aランク)で、トウモロコシを加えて炊いたもの。これがかなり効果的。ななつぼしはコシヒカリ系ではなく、むしろひとめぼれ系で、あっさりとした味わい。濃厚なルーと一緒に口中へと運ぶと、絶妙なマッチングとなる。
         丘のまち美瑛⑧ 
       絶妙な組み合わせ
         丘のまち美瑛⑨ 
       コーンライス、うむむ

福神漬けが欲しいところだが、残念ながら、置いていない。その代り(?)、美瑛産のデカめのミニトマトが乗っている。こちらは妙に甘くないのが自然で悪くはない。でも、やっぱり福神漬けは置いてほしいなあ。

全体として、よく作られた本格的なカレーで、ルーはボリュームもたっぷり。ただライスは美味いが、やや少なめなので、大盛りがあるともっとよい。少しずつファンが増えているようで、ソフトクリームなども売れているようだ。だが、村長にとって、ここの魅力は「しゅまり小豆」に尽きる。かようなレベルの高い希少小豆をこれだけ安く置いている場所が東京のど真ん中にあり、あまり知られていないことに驚く。もっとも、あまり知られて欲しくない気持ちもどこかにある。小豆好きの心理は乙女のごとく複雑なんである。

本日の大金言。

東京には盲点がいくつもある。ネットもマスメディアも見逃している盲点。だからこそ、道草とよこみち散歩は面白い。改めて人の行く裏に道あり花の山は至言だと思う。



                 丘のまち美瑛11 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR