律儀な赤城牛ステーキ丼

 村民2号の絵画仲間が埼玉・上尾で個展を開いた。村長はポンコツ車を走らせ、上尾駅近くの画廊へ。むろん村長の目的は別にある。赤城牛のステーキ丼である。

赤城牛は赤城山山麓の鳥山牧場で飼育されているブランド和牛で、上州出身の村民2号にとっては故郷に里帰りするようなもの。グルメシンジケートの情報で、すでに西口にステーキ丼の美味い店があることを仕入れておいた。その名も「上尾ごはん」。ローカル色がいい味付けになっているのではないか?
         上尾ごはん① 
    赤城牛ステーキ丼!(上尾ごはん)
         上尾ごはん③ 
         ポエム?

意外に小さな店で、白を基調にしたガラス張りの店構え。店名の下の「赤城牛と土鍋ごはん」の文字がほのぼの感を醸し出している。ちょうど正午過ぎだったので、数人が並んでいた。テイクアウトもしている。中に入ると、白木のカウンター席とテーブル席(2人用)が4つほど。
         上尾ごはん④ 
         きれいな店内

対面が厨房になっていて、イケメン店主が赤城牛を焼いていた。注文を受けてから焼き始めているようで、時間はかかるもののそのスタイルには好感。女性スタッフが一人、その対応がとてもいい。
         上尾ごはん② 
             これこれ

メニューから一番手ごろな「赤城牛ステーキ丼(レギュラー)」(税込み1000円)を選んだ。素材へのこだわりを売り物にしているようで、赤城牛ばかりではなく、米も生産者指定の会津産コシヒカリを使用している。野菜も同じ。それらがメニューに顔写真入りで紹介してあった。ぴったし1000円の舌代とともに、店主はかなり律儀なシェフのようだ。
         上尾ごはん⑥ 
         赤城山ァ~

待ち時間は15分ほど。やって来たステーキ丼は小ぶりの漆器ドンブリにみそ汁とキュウリの塩漬け付き。キュウリが二切れというのはいささか少ない。だが、メーンのステーキ丼は小ぶりのドンブリに見事な赤身のミディアムレアがすき間なく乗っていた。いい匂いが発散している。
         上尾ごはん⑦ 
      ステーキな盛り具合

一つ一つは小さいが、そのボリュームは1000円とは思えない。数えてみたら14切れほどあった。万能ねぎがパラパラと乗っている。赤城牛の直球勝負の気概が伝わってきた。白味噌仕立てのみそ汁をひと口飲んでから、ガブリと行った。
         上尾ごはん10 
         上質な赤身

肉は思ったよりも固めで、噛みごたえがある。醤油ダレが万遍なくかかっていて、土鍋で炊いた会津産コシヒカリとの相性がとてもいい。噛むほどに肉の旨みと甘みが歯の間から滲み出てくる。箸がどんどん進む。
         上尾ごはん11  
       会津産コシヒカリ
         上尾ごはん12 
         どうでっしゃろ?
         上尾ごはん14 
         言葉はいらない

ご飯の量が少なめなのがやや物足りない。だが、食べ終えると、赤城牛の重みが胃袋を満たしていることに気付いた。これはこれでほどよい分量かもしれない。

「赤城と会津だなんて、まるで私たちのようね。私にはちょうどいい量だし、満足度が高いわ」
「でも、あえて言うと、ワサビを付けてほしいね。それだけで全体の味わいがさらによくなると思うよ。それとキュウリが二切れはどうかな。これだけのステーキ丼なのに、細かいところが気になる」
         上尾ごはん13 
         醤油ダレ
         上尾ごはん15 
       こだわってまっせ

「確かに。まだオープンして1年らしいから、これからという部分もあるんじゃないの? 1000円というのも内容を考えると、かなりお得感がある。素材へのこだわりも好感が持てるわ。今度は霜降りステーキ丼を食べてみたいわ」
「そっちは1500円かァ。サブメニューのプチカレーと大人プリンも美味そうだし、また来るっきゃないな」
         上尾ごはん⑨ 
         こだわってない?

「でも、冷静に考えると、上尾で赤城と会津の出会いなんて、ローカルすぎるわ。京都のグルメ先生が聞いたら、きっとグヒヒヒと笑うに違いないわ。お似合いでんなあ、なんて言われそう」
「確かに。この件は京都筋には内緒にしとこう・・・」

「と言って、ネタにするんでしょ?」
「ネタ子は起こすに限る・・・」
「ずっと寝てるくせに・・・」


本日の大金言。

素材へのこだわりを強調する店が増えている。最近の特徴の一つだが、これは善し悪しだと思う。いい老舗は素材について語ることをあまりしない。いい素材を使うのが当たり前だという意識と伝統があるからだと思う。



                上尾ごはん16 







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR