卵サンド変じて「すき焼き弁当」

 ペンの仕事で久しぶりに京都へ。開始までに1時間ほど時間があったので、卵サンドの伝説的な店「コロナ」(すでに閉店)の作り方を受け継いでいる「喫茶マドラグ」に立ち寄ることにした。烏丸御池で降りて、押小路通りへ。

だが、スマホ片手の行列があまりに凄いので、方針を転換することにした。近くをブラ歩き。時間も限られている。すると、京町家の料理屋が視界に入った。「牛の助」の看板と暖簾。ちょうどランチタイムで、「すき焼き弁当」(850円~)の文字が「おこしやす」とささやいた(気がした)。入り口にいろんなものが貼ってあるのが少々気になったが、そう悪くはない雰囲気。時間もないことだし、ここいらで妥協することにした。
         牛の助①  
         ディス・イズ・キョート?
         牛の助② 
         掘り出し物か

古い京町家を改修した造りで、引き戸を開けて入ると、左手にテーブル席と掘りごたつ席が見えた。座敷もあるようだ。右手奥が白木のカウンター席になっていて、そこに案内された。対面にいい雰囲気の料理人が二人いた。うむ。

メニューから「すき焼き弁当定食(並)」を選んだ。850円というのは国産和牛切落とし70グラムで、90グラムになると950円(税込み)。少々見栄を張って、90グラムにした。
         牛の助③ 
         財布と相談・・・


10分ほどの待ち時間で、いい匂いとともにすき焼き弁当がやって来た。生卵、ご飯、味噌汁付き。90グラムの切落とし和牛は見るからに旨そうで、ボリュームもある。焼き豆腐、長ネギ、糸こんにゃくもいい色で湯気を放っていた。思わずヨダレが出かかる。山菜のおひたし、千切りキャベツ、煮豆、柴漬けなど脇役陣も気が利いている。悪くない構成。
         牛の助④ 
         すき焼き弁当さま
           牛の助⑤ 
         たまらん
         牛の助10 
         和牛の切落とし

表面がプルンとした生卵を溶いて、まずはそこに熱々のすき焼きをくぐらせる。京都のすき焼きは砂糖を多めに加えるので、東京より甘い気がする。ラードを敷き、そこに肉を入れて軽く焼き、砂糖と醤油をそのまま入れる。割下を使う東京流とはいささか違う作り方。そのためか、意外と味が濃い。
         牛の助11 
         ゆっくりと急げ
         牛の助⑨ 
       秀逸な糸こんにゃく
         牛の助6  
         長ネギの存在

だが、生卵につけると、それがいい味加減になる。和牛の切落としは値段の割には柔らかくて旨い。店のスタッフに聞いたら、店主の実家が京都・美山の牛飼いで酪農家だそう。そのために「安く和牛を提供できるんですよ」。オープンして7年になる。

糸こんにゃく、長ネギ、焼き豆腐もまずまずの旨さ。ご飯が艶やかに炊かれていて、ボリュームもほどよい。途中で炊き立てのご飯にのせ牛めしにして食べる。じんわりと幸せ感が胃袋のあたりから立ち上がってくる。
         牛の助13 
         どないでっか?
         牛の助14 
         秀逸な煮豆

東京・人形町「今半」ほどの満足感ではないが、値段を考えると、これはめっけもの。京都の底力を感じる。脇役の煮豆の美味さも気に入った。夜はグルメ先生と落ち合うことになっている。元国会議員秘書・大出氏も一緒。京都はいつ来てもスリリングで奥が深い。

本日の大金言。

京都が日本の食の最高峰であることに意義はない。だが、最近、スマホ片手の観光客が多すぎる。どうしたものか。グルメ先生は中国人観光客の多さとマナーの悪さに顔をしかめている。おこしやす文化は繊細の上に成り立っている。




                 牛の助15 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR