「のどぐろ」と五郎めしの夜

 忘れるところだった。新潟の居酒屋のこともおまけに書いておきたい。

創業が弘化3年(1846年)という料亭「鍋茶屋」で食事をしたかったが、敷居が高すぎて断念(当り前だよ)。往年の花街の面影を残す建物だけを見ながら、隣りの通りにある居酒屋「五郎 古町店」の暖簾をくぐることにした。ビジネスホテルのフロントでの情報。「新潟の新鮮な食材が揃ってて、結構評判がいいです。比較的安いと思います。のどぐろもありますよ」。
          五郎13  
          夕暮れ前

「安い」と「のどぐろ」の言葉に胸元と胃袋が反応した。鍋茶屋から5分も歩かない。午後6時前なのでまだ明るい。雑居ビル1階の一番奥。黒地の長暖簾が悪くない。雑居ビルの奥は好きな世界。
          五郎 
          奥の天国?

モダンな古民家風の居酒屋で、渋い木のL字カウンター(10席ほど)と長めのテーブル席(掘りごたつ)が三つほど。L字カウンター席の対面が板場になっていて、男性スタッフが3人、運び役の女性が1人、テキパキと動いていた。

よく見ると料理人も女性スタッフも美形な顔立ち。さすが新潟。BGMはブレンダ・リーのテネシーワルツ。やや出来過ぎの世界だが、かなりの人気店のようで、入るなり「午後7時まででしたら、入れますが」と言われてしまった。うむ。制限時間1時間15分一本勝負とはね。
          テイク2  
          できるのう

地酒も充実していて、20秒ほど迷った末に「五郎」(純米辛口 一合480円)と「鶴の友」(純米 770円)を選んだ。ここで食べたのは「のど黒2種盛(炙りと刺身)」(1200円)、「栃尾の油揚げ」(660円)、「スモークポテトサラダ」など。仕上げにこの店の名物だという「五郎めし」(味噌汁付き 580)。

          五郎③ 
          高いか安いか
          五郎② 
          メニューの一部
          五郎① 
          何じゃ?

料理も雰囲気もいいレベルで、時間制限と隣りがキツキツなこと以外は悪くはない。

「のどぐろ」がこの値段で食べれることも悪くない。新潟ののどぐろは一年を通して食べれるそうで、刺身の鮮度、きれいな脂の乗りは「白身のトロ」というより「白身の中トロ」と言いたくなる。炙りは塩が振られていて、香ばしい。これはメッケものだと思う。
          五郎⑤ 
          天国の入り口
          五郎⑥ 
          のどぐろ2種

仕上げの「五郎めし」はドンブリの賄い飯で、この店のオリジナル。明太子、筋子、鮭、納豆、塩辛、花かつおがご飯の上に乗っていて、「かき混ぜて食べてください」(女性スタッフ)。思ったほどの感動はないが、ユニークではある。個性の強い材料が入り混じる。やや濃い味のドンブリの中のまんだら・・・。
          五郎⑨ 
          五郎めし

もう一~二合飲みたかったが、時間切れ。その直前に村民2号からドクターストップ。BGMはなぜかコルトレーンに変わっていた。中途半端な酔いのまま夜の古町に放り出された気分。ハックション! 



本日の大金言。

美味しい酒と肴があれば、そこが天国になる。足元にはブラックホール。トゥゲザー・アンド・アローンかアローン・アンド・トゥゲザーか、そこが問題だ。


                 五郎12 

C級王者「真っ黄色カレーライス」

 何ということだ! 映画「15時17分、パリ行き」を観て、村に戻ってきたら、せっかく書いた本日のブログが消えていた。新潟で食べた「バスセンターのカレーライス」の巻。原因不明。なので、爆発しそうになった頭をリセットして、テイク2と行きたい。3、2、1、スタート・・・。

新潟は目立たないが、美味い物の宝庫でもある。魚介類ばかりでなく、前回書いたタレカツの他にもラーメン、へぎそば、笹だんご(笹飴も昔は名物だった)などなど挙げたらキリがない。
          笹だんご 
       笹だんごもあるでよ

中でも隠れた名物がカレーライス。幕末、日米修好通商条約によって、神戸や横浜とともに開港された五つの港の中に新潟も入っている。そのためか欧米の食文化が早い時期から入ってきた。

高速バスの終点、万代バスセンターの立食いそば屋で食べたカレーライスもその延長線上にあると思う。真っ黄色のカレーライスで、地元では有名なB級カレーライスである。吉本のお笑い芸人にもファンがいるくらい。
          万代そば1 
          行列のお出迎え

B級という色褪せた表現より、あえて「C級の王者」と呼びたい。チープのCとクールのC、それにクレイジーのCも隠し味として入っている。B級を超えるC級(そんなのアリ?)。
          万代そば3 
          立食いそば屋?

昼どきは混むと聞いていたので、タレカツを賞味した翌日、午前11時半に到着した。それでも発券機の前は長い行列。それがどんどん増えてくる。オッサンばかりでなく、若い女性も混じっていた。立食いそば屋なのに、ほとんどがカレーライスを食べていた。
          万代そば① 
          名物カレーライス

ミニ盛り(税込み 380円)、普通盛り(同 470円)、大盛り(同 550円)の3種類。どう見てもボリュームがひと回り多いので、迷った末に普通盛りの「普通カレーライス」を選んだ。
          万代そば④ 
          びっくりイエロー

大皿に真っ黄色のカレールーが全体を覆っていた。実際に目の前で見ると、黄色があまりに明るくて、見慣れたカレーライスと同じものとは思えないほど。湯気まで黄色い。横に正統派の福神漬けがどっさり。黄と赤のコントラスト。ステンレスのスプーンが無造作に突き刺さっている。ポエム。
          万代そば② 
          黄と赤の愛
          万代そば③ 
          飛び込め

よく見ると、玉ネギが真っ黄っ黄のルーの合い間にぼこぼこと目立っている。玉ネギカレーのよう。人参と豚肉はたまたまなのか、探すのに苦労するほど。豚肉が少ないのは悲しすぎる

一見するとかなり甘口に見えるが、口に入れた途端、ドロリとしたルーの後から意外なスパイシーが追いかけてきた。中辛よりむしろ辛口。旨みもじわじわと押し寄せてきた。うむ、と目をつむってみる。玉ネギの自然な甘さも心にまで滲みてくる。
          万代そば⑤ 
          あーん

旨みの秘密の一つは豚骨スープにあるようで、小麦粉とバター、それに黄色の素ウコン(ターメリック)をたっぷり使って、炒め、煮込んでいるとか。見た目とのギャップが不思議な魅力にもなっている、と思う。
          万代そば⑥ 
          豚肉を探す

ライスは柔らかめで、多分新潟産コシヒカリ。フツーに旨い。福神漬けもフツーに旨い。途中でウースターソースをかけてみた。これが思ってたよりもイケた。東京・神保町「まんてん」のカレーライスに匹敵する、いやそれ以上のC級の感動かもしれない。
          万代そば⑦ 
      ウースターソースの魔法
          万代そば⑧ 
          絶妙な融合

店は40年以上の歴史だそうで、元々はカレーライスはサイドメニューだったらしい。それが意外な人気となり、ついにはセンターに躍り出てしまった。人生、一寸先はわからない。立食いそば屋におけるカレーなる変身、とダジャレで締めたくなった。

本日の大金言。

カレーは昔のカレーならず、ではなく、大正時代に生まれた日本のカレーライスの原点は真っ黄色だったという説もある。カレーは昔のカレーのまま、というのもありである。


                  万代そば⑨ 

元祖「新潟タレカツ丼」に並ぶ

 旅の醍醐味は出会い系にある。恋の出会いではなく、味な出会いというのも確かにある。下より舌、なんてね。

会津から冬の新潟を楽しもうと、高速バスに飛び乗り、古町通りをぶら歩きとなった。約2年ぶりの古町。センサーをフル回転させながら、歩き回る。場所柄いい鮮魚店が多い。だが、思ったほど安くはない。時計を見ると、午前10時半。疲れもあり、街なかの珈琲店「きらり」に飛び込んだ。コーヒー好きの村民2号が文句ぶつぶつを中断した。
          萬代橋 
      美人と美味の都?(萬代橋)

そこで新潟美人のママさんが教えてくれたのが「食堂  とんかつ太郎」だった。

「ここから歩いても5分くらい。タレカツ丼の元祖の店ですよ。いつ行っても行列なので、すぐわかります」

ソースカツ丼も大好きだが、醤油ベースのタレカツも嫌いではない。東京・水道橋にある「新潟カツ丼 タレカツ神保町本店」などは宮仕え時代から通っている。その元祖の味とはいかなるものか、魚料理を食べる予定が一時的にどこかへ飛んで行った。
          太郎とんかつ 
        開店前からこの行列
          とんかつ太郎4 
         元祖の店

オープンは午前11時半。その20分前に到着したが、すでに7~8人が並んでいた。美人ママの言葉は本当だった。地元では超有名店とわかった。ここは我慢、後ろに並ぶことにした。どんどん行列が長くなっていくのがわかった。寒さと期待感。
          とんかつ太郎2 
          ようやく入れた
          とんかつ太郎① 
       「カツ丼」と言えばこれ

2階もあるようだが、1階はカウンター席のみ。コック姿の店主が手際よくカツを揚げて、特製のタレにくぐらせていく。鼻腔にいい匂いがふわふわと侵入してくる。メニューから「カツ丼」(普通盛りカツ5枚 税込み1050円)を選んだ。村民2号は「ミニカツ丼」(カツ3枚 同750円)。写真で見る限りとてもミニとは思えない。わかめ汁(同100円)も頼んだ。

待ち時間は20分ほどと長い。しっかり作っているのがわかる。店主は3代目で、初代がタレカツを考案したとか。屋台から始まり、創業は昭和初期あたり。ソースカツ丼よりは歴史は浅いが、それでもかなりの歴史ではある。
          とんかつ太郎② 
          主役の登場
          とんかつ太郎④ 
       これで普通盛り5枚!

この元祖タレカツ丼が驚きの代物だった。ドンブリを覆うように、揚げたての黄金色のトンカツが5枚、折り重なっていた。一枚が大きくて、しかも薄い。国産豚を叩いて筋を切り、柔らかく伸ばしている。それをきめ細かなパン粉で包んで、ラード油で揚げているようだ。見た目のインパクト。
          とんかつ太郎3 
          大きくて薄い
          とんかつ太郎⑦ 
     マスタードを付けてみる

醤油ベースのタレの美味さ、穏やかな甘辛具合。炊き立てのやや小粒の新潟産コシヒカリ。それらがカラリと揚がったカツと絶妙に連動している。タレのかかり具合といい、固めに炊かれたご飯といい、ドンピシャ村長の好み。ほぼ完ぺきだと思う。
          とんかつ太郎⑨ 
         ご飯が秀逸

ミニカツ丼でよかったわ。ミニというよりこっちが普通盛りよ。3枚だって多すぎるくらい。キャベツも敷いてないし、ご飯とカツとタレだけ。なのに不思議なくらい美味い。この旨み、私にとっては新しい発見だわ」
          とんかつ太郎⑧ 
         言葉はいらない

「水道橋の名店『タレカツ』がここをそっくり真似していることもわかったよ。元祖でこれだけ人気があるのに、店全体がだれていない。屋台から始めた初代の教えが生きているんだな。ちょっと驚くよ」
          とんかつ太郎10 
        タレのかかり具合

行列でかなり待たされることだけが厄介だが、これでマズかったら腹立ちも二倍になる。だが十二分に満足できる美味さなので、それも致し方ない。

ちらりと新潟好きのメドベージェワがここに来たか、気になった。ザギトワと二人でここで「カツ丼」を食べている姿を想像したら、笑みがこぼれてきた。むろん、そんな情報は入っていない。

本日の大金言。

新潟でカツ丼、といえばタレカツ丼のこと。「とんかつ太郎」の初代は洋食修業もしたようで、昭和初期頃、当時人気のカツレツを甘辛の醤油ダレにくぐらせることを思いついたらしい。それをドンブリにしたところ、評判となった。東京でも新潟タレカツをメニューに加える店が増えている。カツ丼は煮込みだけではない。





                   とんかつ太郎11 

明治の駅弁「壺屋のいなり寿司」

 応仁の乱を生で見物したと噂の(まさか)京都のグルメ仙人は時々貴重な情報をくれる。東海道本線豊橋駅の名物いなり寿司を「旨かったですよ、あーたも一度食べたらよろしい」と糸電話で送ってきた。

いなり寿司をレースに例えると、京都が大本命で東京が対抗か三角印、横浜(泉平本店)が穴というのが村長の個人的な評価。そこに愛知・豊橋のお稲荷さん情報。そんな場所に名物いなり寿司があるなんて、し、知らなかった。いなり寿司好きの村長の好奇心がくすぐられた。

「あのね、ボクは大阪の阪神百貨店で買って食べたんやけど、東京では日本橋三越でしか買えへんらしいで」

兜町ペンクラブに行ったついでに、足を延ばすことにした。
          壺屋① 
        京都と東京の中間?

調べてみたら、発売元は豊橋市に本店がある壺屋(つぼや)弁当部。壺屋の創業は明治21年(1888年)、翌年開業した東海道本線豊橋駅構内でいなり寿司を販売、それが評判となり、豊橋の名物駅弁となった。以来約130年間作り方も味も変えていないそう。ほんまかいな
          壺屋② 
          約130年の歴史

それが「伝統の稲荷(いなり)」(一折7個入り 税込み735円)だった。日本橋三越地下のフード街は名店がしのぎを削っていて店舗数もかなり多い。探すのにひと苦労したが、何とか辿り着き、愛想のいいおばはん店員さんとあれこれ話しながらゲットした。

「じゃこ稲荷」「わさび稲荷」「五目稲荷」などなどこの130年で種類も増えているが、一番人気は何といっても創業当時のままの『伝統の稲荷』です。甘くて本当に旨いですよ」と太鼓判まで押された。グルメ仙人といとこかもしれない。
          壺屋③ 
       包みを取る楽しみ

夜遅くウマズイめんくい村に帰ってから、こっそり福島の地酒「自然郷」をちびちびやりながら賞味することにした。村民2号もゴッドマザーも大の字で夢の中。シチュエーションとしてはそう悪くはない。
          壺屋④ 
       意外な名物いなり
          壺屋⑤ 
          形はほぼ東京型

かなり甘いお稲荷さんで、京都のふっくらと炊かれた出汁の効いたものとはまるで違う。形も味わいもむしろ関東に近い。色が明るい飴色で、砂糖とザラメをたっぷり使い、濃口醤油で長時間煮締めていると思う。京都のような洗練はない。素朴な作り方だと思う。つゆも継ぎ足しを加えているかもしれない。
          壺屋⑧ 
          お揚げの煮締め方
          壺屋10 
          惹かれる
          壺屋11 
          かなり甘い

甘酢の酢飯はやや固めに炊かれていて、千住「松むら」のような白ゴマすら入っていない。シンプルそのもの。江戸時代末期創業の横浜「泉平本店」の濃厚な甘いお揚げに近いが、甘さに陰影と深みがない気がする。

それでも旨い。手が止まらない。グルメ仙人の言ったことは確かだが、ふと気になって、原材料を見てみた。食品添加物が羅列されていた。うむ。ふつうの駅弁並みの添加物・・・それが次第にアリの行列に見えてきたのだった。あり?

本日の大金言。

添加物を完全否定するわけではない。特に駅弁において、それを含めて楽しむというのが、あるいはルールかもしれない。こんこん様に脱帽するとしよう。



                  壺屋14

本日は「初詣とあんこ初め」

 明けましておめでとうございます。

きのう元旦は関東最古の大社「鷲宮(わしのみや)神社」へ初詣。キオも帰村していたので、どうしたわけかめでたい正月となった。村民2号手づくりのおせち料理を食べ、大好きな清水酒造の花菱純米吟醸(原酒)を飲んでいるうちに、飲み過ぎてバタンキュー。そのまま本日2日になってしまった。何という甘さ。
          鷲宮神社初詣10 
          初詣は鷲宮神社

これでは先が思いやられる。反省の意味を込め、今年の村の初仕事として、あんこ作りに取り組むことにした。秘伝の技を特別公開しようと思う(オーバーだよ)。

昨年暮れに東京・谷中の丸安商店(ここは穴場です)で仕入れておいた大納言小豆(岩手・花巻産、無農薬)を使い、砂糖はグラニュー糖。丸安商店のオヤジさんが「この小豆はいいですよ。もちろん新豆です」と珍しく村長に勧めた大納言小豆である。1リットル(約745グラム)税込み750円。これはフツーはあり得ない値段だと思う。
          丸安商店① 
          谷中「丸安商店」で

あんこ作りは思ったよりもそう難しいものではない。プロのレベルのものは別にして、普通に作れば普通においしいあんこができる。ウマズイめんくい村秘伝のあんこ作り。つまりは2018年、平成三十年いぬ年のあんこ初め、というわけである。

興味のない人には苦痛かもしれないが、好きな人には天使にもなる。ちょっとしたコツは作りながら、小豆ちゃんに話しかけること。「どんどんきれいになってくよ」とか「拗ねちゃあダメっ」とか。なだめたり励ましたり。小豆にだって人格があることを忘れずに・・・ではお正月のあんこ作り、行ってみましょう!
          あんこ作り8 
          あんこ作り、です
          あんこ作り⑤ 
          無農薬大納言小豆

① まずは大納言小豆を水洗い。新豆なので一晩水に漬けることはない。
② 大鍋に洗った大納言小豆を移し、たっぷりの水を入れ、強火で10~15分ほどぐつぐつと炊く。
③ 見計らって、それをザルにあげる。これを渋抜きという。渋抜きは好みにもよるが、村長はあずきの風味をできる限り残したいので、基本的にはこの一回のみ。
          あんこ作り1 
          ①まずは水洗い
          あんこ作り⑥ 
    ②たっぷりの水で火にかける
          あんこ作り⑧ 
       沸騰させて10~15分
          あんこ作り② 
         ③渋抜きは一回

④ 再びたっぷりの水を入れ、中火で小豆が踊るまで炊く。
⑤ 踊り出したら、弱火にしてじっくりと炊く。
⑥ アクを丁寧に取る。この作業は何度も必要。
⑦ 途中で差し水を2~3回ほど行う。
⑧ 1時間ほどすると、小豆が柔らかくなり、1~2個取り出して、指で軽く潰してみる。簡単に潰れるようになったら、砂糖を入れる準備に取り掛かる。
          あんこ作り10 
      ⑥アクを丁寧に取る
          あんこ作り11 
       ⑦差し水は2~3回
          あんこ作り16   
      ⑧柔らかくなったら

(ここで一服。できればBGMをかけたい。今回はG線上のアリア。あんこに気品が出てくる。)  

⑨ 砂糖は数回に分けて入れる。村長は小豆と同量1対1(つまり745グラム)を目安にしている。
⑩ ここで余分な煮汁を別の容器に入れ、それは捨てない。お汁粉として使えるので。
⑪ 火を強めにして、木べらで焦げ付かないように素早く回しながら煮詰めていく。

          あんこ作り14 
     ⑨砂糖は数回に分けて
          あんこ作り18 
     ⑩いい具合になってくる
          あんこ作り2 
     ⑬このくらいで火を止める

⑫ 塩を好みの量入れてもいい。村長の場合は小さじ半分ほど入れている。
⑬ 小豆の粒のつややかさが増し、適度(固さをお好みで調整する)なところで火を止める。村長の場合はゆるめにしている。冷めると結構固まるので。
⑭ しばらく置いておいて、タッパーに移す。その後、冷蔵庫に保存する。
          あんこ作り5 
        ⑭タッパーに移す
          あんこ作り7 
       ようやく完成、です

本当のところ秘伝というほどのものではない。この程度で意外においしいあんこが出来上がるということをぜひ知ってほしい。時間にして約2時半間ほど。大納言小豆なので普通の小豆よりも時間がかかってしまった。出来上がった後は餅と一緒にぜんざいにしてもいいし、パンに付けて食べてもおいしい。あんこでパンダ、案外イケますぞ。お粗末さまでした。


※〈臨時ニュースです〉 彦作村長が「週刊あんこ」と提携いたしました。「週刊あんこ」と打てば出てくるはずです。よかったら、覗いてやってください。

本日の大金言。

道に迷った時はあんこを作る。むろん、これは人によりけり。料理でもいい。手を動かし、自分の存在を意識する。広大な宇宙の中の点。点の点。点々人生・・・そこからきっと「あんこ道」が拓けてくるはずだ。あれ、そんな道なんてあったっけ?(あるはずないだろッ。いい加減にしろ、カネ返せ!)



              あんこ①

続きを読む

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR