「牛肉どまん中」を超える?駅弁

 東京駅の「駅弁屋 祭」で駅弁を買うつもりが、予定が狂ってしまい、埼玉・大宮駅構内にある「駅弁屋」へ駆け込んだ。
          駅弁屋① 
          人気駅弁がズラリ

目的は「村上牛しぐれ」(税込み1200円)。駅弁好きの間でも「あの山形・米沢の『牛肉どまん中』に引けを取らない旨さ」と囁かれている隠れ駅弁である。新潟の黒毛和牛・村上牛をしぐれ煮して、新潟産コシヒカリの上に乗っけたもの。それを想像しただけで、よだれが3滴ほど出てくる。
          駅弁屋④ 
        あった、村上牛しぐれ

不動の人気駅弁「牛肉どまん中」が実は米沢牛を使っていないことを考えると、村上牛を使用していることはそれなりに評価できる。もっともブランド牛がすべてとは限らないが。

時刻が午後6時を過ぎていたが、「村上牛しぐれ」はわずかに残っていた。「牛肉どまん中」より50円安い。店員が「これはホント旨いですよ。おすすめです」と妙な太鼓判を押した。ホンマかいな。期待は裏切られるためにある。
          駅弁屋⑤ 
          テーブルの上の旅

ウマズイめんくい村に持ち帰ってから、清水酒造の純米原酒「花菱」を用意、駅弁晩さん会となった。テーブルの上の新潟の旅。
          駅弁屋⑥ 
          おおおの登場

基本的には「牛肉どまん中」と同じ牛丼系駅弁だが、村上牛のバラ肉を醤油と砂糖、日本酒、みりんで煮込み、生姜(しょうが)も加えている。白ゴマがほどよくかかり、脂身と赤身のバランスがいい。十分なボリューム。脇役は玉子焼き、ゴボウ煮、塩ワカメ、紅ショウガ。ビジュアル的にも上々。
          駅弁屋⑦ 
          牛肉のボリューム

まずはひと口。ほどよい甘辛のしぐれ煮の旨みが口中に広がった。脂身の甘みと赤身の柔らかさ。生姜が効いていて、それが新潟産コシヒカリとよく合っている。

冷たいのに旨い。駅弁は添加物が多いが、それを感じさせない。玉子焼き、ゴボウ煮、塩ワカメのレベルも高い。
          駅弁屋10 
          この旨さは何だ?
          駅弁屋11 
               脂身と赤身
          駅弁屋13 
          新潟産コシヒカリと
          駅弁屋⑨ 
          甘めの玉子焼き

「これはイケるわ。単に『牛肉どまん中』の二番煎じかと思っていたけど、全然負けていない。牛肉系の駅弁は数が多くて、それなりに旨いものが多いけど、これはホントに旨いわ。また買ってきてね」

「駅弁屋の店員の話はウソじゃなかった。今度は牛タン弁当を買ってこようかな」

「明日でもいいわよ。旅行しないで、駅弁で日本一周というのも案外安上がりでいいかもね。ポンコツ車ももう飽きてきたし、ちょうどいい頃合いかな」

「ギョッ、ひょっとしてポンコツ車ってオレのこと?」

「誰だと思ってたの? ガソリン代もバカにならないしね」

「・・・・・・」


本日の大金言。

期待は裏切られるためにある。幸せは不幸せの裏に潜んでいる。その逆もある。駅弁の旅情は一刻だけだが、そうした現実を洗い流してくれる。困ったら駅弁に訊け。






                  駅弁屋5 

節分の日のきな粉菓子

 昨日は節分。1週間後はジパングの首相が鬼が島メリケン国に鬼退治に行くそうな。

すでに闘いは始まっている。赤鬼の「ファイアー!」攻撃を恐れていると、とろけるような笑顔に騙されて、持参した手土産の数倍のお返しをもらって帰ってきそう。まさかトヨタを人質に出すようなことはしないでしょうな。
          総願寺節分② 
          鬼とタイマツ

さて、その豆まき。成田山新勝寺に行くか、京都・吉田神社に行くか迷ったが、予算の関係で埼玉・加須市の不動尊総願寺(ふどうそんそうがんじ)へポンコツ車を飛ばすことにした。
          総願寺節分③ 
          僧侶と芸妓衆
          総願寺節分④ 
          豆まき開始

ここの節分も有名で、大相撲の横綱クラスが毎年来ている。だが、今年は稀勢の里はむろんのこと、日馬富士も鶴竜も来ない。地元の情報通によると、この地域の大ボスが亡くなり、同時に大相撲とのパイプもなくなってしまったそう。何ということだ。

で、本題。今回テーブルに乗せるのは、武蔵屋本店の「生 五家宝(ごかぼう)」である。ただの五家宝ではなく「生(なま)」というのは珍しい。
          武蔵屋本店① 
          老舗のきな粉菓子

武蔵屋本店は不動尊総願寺の門前にある老舗で、創業は文久2年(1862年)。五家宝は北埼玉の郷土菓子で、おこし種に水飴を加え、棒状に伸ばしてから、きな粉をまぶしたもの。熊谷と加須が特に有名だが、この店は元祖説もあるほどの歴史を誇る。

節分でにぎわうなか、歴史のある店構えに人だかりができていた。生五家宝の実演販売中だった。柴又帝釈天の飴切りを思い起こさせた。ポエム。
          武蔵屋本店② 
          実演中だった
          武蔵屋本店③ 
          生五家宝だって?

生五家宝は残り10パックほどしか残っていない。1パック税込み540円(5本入りと12本入り)。普通の五家宝は結構数がある。これは買わずばなるまい。

「今日は100パック作って、これしか残っていません。生を始めたのは5年前からです。生なので賞味期限が短いです」(6代目当主)

で、急いで12本入りを1パック買い求め、タイマツを持った鬼や浅草芸妓衆まで登場する儀式を見てから、ウマズイめんくい村に持ち帰り、賞味となった。村民2号がお茶を入れて待っていた。村には鬼はいない?
          武蔵屋本店④ 
          自然な職人技

加須産きな粉を使い、埼玉産もち米を水飴で固めた生五家宝は口に入れた途端、自然なきな粉の風味がとてもいい。おこし種のもっちり感が普通の五家宝よりも1.3倍ほどある。水飴の感触も絶妙だと思う。
          武蔵屋本店⑤ 
          きな粉の風味
          武蔵屋本店⑥ 
          切りたて
          武蔵屋本店⑦ 
          美味の歴史
          武蔵屋本店⑧ 
          柔らかな歯触り

「これは美味い。自然で素朴な風味がどこか遠い江戸の優雅を感じさせるわ。無添加をずっと続けているのも凄いわ」

「すべて手づくりで、加須産のきな粉を使っているのは武蔵屋本店だけらしいよ。着色したものは多いけど、ここは昔ながらの作り方をずっと続けている。店主がそう言ってたから、間違いない」

最近きな粉を使った和スイーツが増え、きな粉の素晴らしさが見直されているが、ここは文久年間からずっときな粉一本。京都・北野天満宮そばの「澤屋」や今宮神社のあぶり餅に通じる世界がかような場所にもあることに驚く。これもクールジャパン、だと思う。

本日の大金言。

「鬼は外、福は内」。誰もがそれを望んでいるのに、現実は逆にいつも足元に横たわっている。悲しいかな「福は外、鬼は内」が現実かもしれない。安倍・トランプ会談の行方が気になる。




                節分 

続きを読む

食パン専門店の食パンさま

 「食パン専門店」の存在を知ったのはつい最近。浅草ペリカンが食パン専門店に近いが、ここはロールパンも売っている(村長はここのファン)。

大阪には高級食パン専門店「乃が美があるが、美味いだろうけど高すぎる。銀座一丁目の行列店「セントルザ・ベーカリー」も安くはない。街中には安くていい食パンを作っている小さなパン屋さんも多い。そういう店を見つけたときはうれしくなる。
          一本堂 
          食パン一本

たまたま群馬・高崎市で見つけたのが「食パン専門店 一本堂」の食パンだった。食パンしか売っていない。しかも1斤ずつしっかり焼いている。軽い驚き。

「一本堂」は2013年3月、大阪・都島区で産声を上げている。偶然か、銀座の「セントルザ・ベーカリー」もこの直後にオープンしている。
          一本堂① 
        1斤ずつは珍しい

あっという間に行列店になり、その翌年には東京に進出、今では全国展開に踏み切り、東京を中心に「食パン専門店 一本堂」の看板が広がりつつある。このあたりの広げ方は好きではない。

高崎で見つけたのはその一つだったというわけ。し、知らなかった。狭い店内に入った瞬間、香ばしいパンの匂いとともにキツネ色の焼き上がった角食パンが数種類棚に並んでいた。本当に食パンだけ。しかも種類が少ない。値段がそう高くはないことに心が動いた。
          一本堂② 
          これで260円なり
          一本堂③ 
        こちらは「れーずん}

定番の「一本堂食パン(プレーン)」(1斤260円=税込み)と「れーずん」(同360円)を買い求めた。

耳までしっかりと付いていて、しかも1斤ごとに焼いているのは珍しい。翻訳家・ライターのみい子さんから数年前にいただいた燕三条のパン切りナイフで切って、試食となった。みい子さんは現在闘病中で、パンを切るときに不意に目のダムが危うくなった。

村長自家製のあんこ、村民2号手づくりのジャム(リンゴジャム、柚子(ゆず)ジャム)、それにマーガリンを用意する。
          一本堂② 
          ずっしり重い
          一本堂⑧ 
          手づくりトリオ

まずはプレーンの角食。生地のもっちり感とカナダ産小麦の風味がいい。あれこれ組み合わせを楽しむ。村長の好みはあんことマーガリンの組み合わせとリンゴジャム。どっちも食パンのきめの細かさとモチモチ感にフィットしている。
          一本堂7  
          あんことマーガリン!
          食パン試食2 
          リンゴジャム
          食パン試食3 
          柚子ジャムどす
           
「村長にしてはこんなしっかりした食パン、よく見つけたと一応ホメておくわ。この値段でこの風味と味わいはマル。トーストしたら、さらにおいしくなった。私的には柚子ジャムが一番合うと思う。香りとジャムの酸味がトーストの香ばしさともっちり感にとっても合う。反対にあんこは微妙だな」
          一本堂④  
          時間よ止まれ
          一本堂5 
          手包みのこだわり
          一本堂10 
          柚子も合う

『れーずん』が予想以上に美味い。店員さんによると、洋酒に漬けたレーズンを一つ一つ手包みしているそうだよ。パン生地もプレーンをさらに凝縮したものを使っているって言ってたけど、その通りだった。これにはマーガリンが一番合う。あえて言うと、マーガリンしか合わないと思う」
          一本堂⑨ 
          マーガリンとの相性

「このパン切りナイフでこうして食べている間にもみい子さんが苦しんでいると思うと、ちょっと切なくなるわ。柚子ジャムを持って行ってあげたいんだけど、今は無理かなァ・・・」

「奇跡が起きることを祈るしかないよ。以前、村民2号手製のマーマレードが美味かったって言ってたから、きっと喜ぶと思うよ」

「そうね。その可能性を信じて、飛び切り美味いジャムを用意しなきゃ」

本日の大金言。

美味い食パンを食べる。人はパンのみに生きるものではない、神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる。というマタイ伝の有名な言葉がある。「神の口」はよくわからないが、一つ一つの言葉によって生きる、というのは同意したくなる。むろんパンを食べながら、だが。




                  一本堂4 

初春やまずは「ニシン山椒漬け」

 とり年。フードコートで初ランチ、となったが、本命はこちら。村長手作りの「ニシンの山椒漬け(さんしょうづけ)」である。会津の郷土料理で、酒の肴によく合う。今は冬なので山椒の葉が手に入らず、やむなく山椒の粉を代用に使ったが、まずまずの出来だった。自分で言うのもヘンだが、質素でそれなりの味わいだと思う。今年はここからスタートしたい。

年末に大宮市場で身欠きニシン(半身3枚 300円=税別)を買い込み、その日のうちに調理にかかった。作り方は意外に簡単。身欠きニシンを斜め切りにし、タッパを用意し、タレ(醤油80ml・酢80ml・みりん30ml・日本酒30mlを合わせる)に漬け込む。山椒の粉を多めに振りかけておく。重石を載せ、冷蔵庫に入れて、約6日間漬け込んでおいた。
          にしん漬け 
          材料はこれだけ
          にしん漬け1 
        男の手料理?    
          にしん漬け③ 
          タレに漬け込む
          にしん漬け④ 
        代用の粉山椒を・・・
          にしん漬け⑤ 
          最後に重石

村民2号がほぼ一日がかりで作ったおせち料理が来る前に、大好きな清水酒造「亀甲花菱」のしぼりたて生酒(4合=税込み1080円)を用意し、漬け込んでおいた「ニシンの山椒漬け」を取り出した。初春にふさわしい質素なぜい沢。   

          にしん漬け③ 
          質素なぜい沢
          にしん漬け⑤ 
          いい漬け具合

身欠きニシンはソフトを使用したので、ひと口噛んだ瞬間、ほどよい柔らかみと熟成感が口中に広がった。醤油、酢、みりん、日本酒のほどよい酸味と甘みが悪くない。山椒の香りは粉で代用したために、思ったほど吹き上がってこない。本来の「ニシンの山椒漬け」はソフトではなくハードを使うので、十分に漬け込んでも歯ごたえがもっと強烈で固い。だが、旨味という点では村長の好みはソフト。
          にしん漬け④  
          たまりませぬ

「思ったより美味いわよ。ニシンの匂いが苦手だけど、これなら食べれる。生酒も美味いわ」
最近食べ物にうるさくなった辛口のキオが、珍しくやさしい言葉をかける。うるうる。東京で修業して、人間的にも熟成してきた? まさか。

「こっちの方が手間暇がかかってるから、美味いわよ」
村民2号が手製のおせち料理を運んできた。こだわって作った和の世界が二つのお重に納まっていた。正月らしい彩り。
          おせち料理① 
          こっちが主役
          おせち料理④ 
       たまりませぬ×3

特に気に入ったのは、シイタケ煮。出汁の効き方と煮込みが悪くない。干しシイタケのいい香りと滲み込んだ出汁が口中に広がると、何となく今年がいい年になりそうな気がしてきた。根拠がないのが寂しいが。花菱の搾りたて生酒が生娘のように「はあ~よいよい」と唄い出す。酔いがどんどん回ってくる。天井も回り始める。

「いつまで飲んでるのよ。あすはゴッドマザーのところに年賀のあいさつに行くんでしょ。朝早いから、もう寝なくっちゃ」

誰かがクラゲ状態になった村長をくちばしでつついた。イタタ。誰かが締めのお雑煮を持ってきた。おトソの海の向こうに何が見える? 果たして、今年はどんな年になるのやら。

初春や月を飲み込む杯の底

本日の大金言。

まずは我が手から始める。そこからスタートしなければならない。失敗してもいいじゃないか。



                おせち料理⑤ 



最中の傑作「みむろ」と再会

 奈良帰りの甘党知人がウマズイめんくい村に手土産(てみやげ)を持ってきてくれた。村長はそのパッケージを見て、胸がときめいた。白玉屋栄壽の名物最中「みむろ」だったからである。甘党知人は余計な講釈をせずにチャップリンの後ろ姿で去って行った。憎めない奴。
          みむろ最中 
          わおーの手土産

胸がときめいたのにはわけがある。その昔、村長がエンタメ新聞社時代のこと、ある会合で、「最中(もなか)はやっぱり銀座の空也が一番だね」と言ったことがある。それを聞きつけた京都のグルメ先生が、そのしばらく後、注釈なしで「みむろ」を送ってくれた。さほど期待せずに食べたところ、あまりの美味さにぶっ飛ぶほど驚いた。グルメ先生、恐るべし。

以来、村長の中では日本三大最中は「一に空也、二にみむろ、三に壺屋」(順不同)となった。その一つが今、目の前にある。8個入りで850円(税込み)のもの。空也や壺屋よりリーズナブルだが、発売元の白玉屋栄壽は奈良県桜井市に本店があり、創業が江戸時代(弘化年間1844年~48年)という老舗。現在の当主は七代目で、最中の作り方は一子相伝だとか。
          みむろ最中③ 
          お久しぶり

さっそくお茶を入れて、賞味することにした。紙箱を開けると、小ぶりの最中がきっちりと納まっていた。取り出しに仕掛けがしてあって、付箋のような紙を引っ張ると、一つスッと出て来た。この気遣い、さすが奈良の老舗と感心する。
          みむろ最中④ 
          この気遣い

皮がサクッとしていて、実に香ばしい。柔らかいのに形が崩れていない。壺屋のような固い鎧(よろい)のような皮ではない。むしろ空也の皮に近い。さらにあんこが秀逸。地元奈良の大納言小豆を使用していて、こしあんと粒あんを別々に作って、それをブレンドしたような食感で、ほどよい甘さ。いい小豆の風味がふわりと広がり、きれいな後味が印象に残る。
          みむろ最中⑤ 
          一子相伝どす
          みもろ最中1 
          皮の秀逸
          みむろ最中⑧ 
          あんこの秀逸
          みむろ最中10 
          最中の横綱

舌の上で溶けていく感触が空也とほぼ同じレベル。水飴と寒天を加えているようで、それが独特のねっとり感を産んでいる。塩の感触はない。

「品がいい味ね。吉祥寺の小ざさの最中とも似てるわ。確かにいい味ね」
「逆だよ。小ざさがみむろに似てるんだよ。空也だってみむろほどの歴史はないよ。ま、壺屋はもっと古いけど」

「どっちでもいいわよ。そんなことに妙にこだわってるから、村長は出世しないのよ。歴史よりも今が大事なのよ」
「最中の一軒家の気分・・・」

「はいはい。そんなダジャレ、誰も笑わないわよ。もっと稼いでからあれこれ言ってくださいね」
「空也くわず・・・」
「・・・・・・」

本日の大金言。

たかが最中、されど最中。その中に詰まっている職人の歴史と技とささやかなプライドこそが、未来へとつながると思う。わん、わん。


                 みむろ最中11
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR