神保町の感動「ライスカレー」

 よく考えてみれば、昔は「カレーライス」ではなく「ライスカレー」だった。いつからライスカレーと言わなくなったんだろう?

カレーとライスが別々に盛られたのがカレーライスで、一緒に盛られたのがライスカレー。そういう説明が多いが、今ではほとんどがどちらも「カレーライス」と呼ばれていると思う。

戦後はライスカレーとラーメン、それにカツ丼が食堂の三代スターだった。「カレーライス」はある種のステータスだった気がする。一般の庶民家庭ではほとんど「ライスカレー」だったと思う。
          まんてん4 
        ライスカレーの始まりィ~

それがいつしか死語になりつつある。所用で東京・神田神保町に行ったついでに、白山通りの裏道にある「まんてん」へ。今では数少ない「ライスカレー」を堂々と表記しているカレー屋さん。懐かしい昭和の匂い。創業は昭和56年(1981年)。主役はライスで、カレーは準主役という感じかな。
          まんてん 
          ファンが多い
          まんてん③ 
          庶民価格

だが、この準主役がすごい。ここはかつカレーが有名だが、村長は「ウインナーカレー(並)」(税込み600円)を頼んだ。午後1時半過ぎだというのに、コの字のカウンターは満席。内側が厨房で、庶民的なコックさんが3人、とんかつを揚げたり、シュウマイを揚げたりと忙しい。
          まんてん16 
          いい雰囲気

すべて注文を受けてから揚げる。そのため待ち時間は10分ほど。その間、水の入ったコップとなぜかアイスコーヒーが入った白いデミタスカップがポンと置かれた。コップには銀色のスプーンが無造作に入っている。これがこの店の流儀で、アイスコーヒーはサービス。このさり気ないツカミがたまらない。
          まんてん④ 
          ここから、です

アイスコーヒーはどうってことのない味わいだが、それを飲みながら、20人ほどのお客を眺めると、サラリーマンや学生が多い。女性より圧倒的に男性。ほとんどが「かつカレー」の大盛りを注文している。揚げたてのカツ、どんよりとした黄土色のルーが実に旨そう。
          まんてん⑥ 
          たまらん
          まんてん⑦ 
          た、たまらん

「ウインナーカレー」がサッと置かれた。楕円の深皿をどろりとしたルーが覆っている。その上に素揚げされた赤ウインナーが3個! 食欲中枢が刺激される景色。赤ウインナー好きの心が踊り始める。きれいな切れ込み。ポエム。
          まんてん⑧ 
          た、た、たまらん!

スプーンでひと口。バターを使って小麦粉からじっくりと炒めた香りとカレー粉のコラボ、懐かしいどろっとした食感。辛さはあまりなく、むしろまろやかな味わい。素朴だが、不思議な深味。細かい豚ひき肉が時折り舌をくすぐる。

具の姿はほとんど見えない。タマネギはルーの中に溶け込んでいて、それがまろやかさとまったり感をかもし出している。
          まんてん⑨ 
          この素朴

ライスは柔らかめ。ルーは見た目ほど多くはない。ソースをかけようかと思ったが、カレーの味わいが隠れてしまいそうで、代わりに福神漬けをさらにドッカと乗せて、ぐいぐいと食べ進む。
          まんてん13 
         昭和の正統派
          まんてん14 
          このどろり感
          まんてん10 
          主役はライス?

これが実に旨い。どこか学食のカレーライスを食べているような錯覚を起こす。だが学食よりはこのライスカレーの方が個性的で、病み付きになる味わいだと思う。
          まんてん3 
          たまらん×7

並だったので、思ったほどのボリューム感はない。大盛りかジャンボにした方が、この店の醍醐味を楽しめると思う。食べ終えると、店員さんが「毎度~」と言ってニカッと白い歯を見せた。また来たくなったよ。

本日の大金言。

神保町周辺は旨いカレー屋さんのメッカでもある。だが、人気店はそう安くはない。その意味で、庶民的なカレー屋さん(チェーン店ではない)が元気なのは、学生の街ということを差っ引いても、いいことには違いない。





                    まんてん15 

続きを読む

「イカ天付温玉ぶっかけ」のGW

 悲喜こもごものGWも終わった。GWのGはげんなりの意味もある。皆さんはいかがお過ごしだったでしょう?

ぎっくり腰の状態をチェックする意味もあり、山仲間の妙義山登山に久しぶりに参加し、何とか頂上まで登り切ったことが自分的にはちょっとうれしい話だった。この場合のGはぎっくり腰(リハビリ)のGとなる。妙義山といってもあの妙義山ではなく、足利の妙義山だが。総合難易度31(笑)。その証拠写真はこちら。
            妙義山ハイキング 
        妙義山山頂だぞお~

とはいっても途中の大小山はアップダウンがきつく、危ない岩場もあり、途中何度もタオルを投げそうになった。約4時間半のコースで、その後鹿島園温泉に浸かり、人気バル「いけずキッチン」で打ち上げ。そのとき食べた「鰹のタタキ」が旨かったので、それを今回書こうと思ったが、酔っぱらい過ぎて、写真を撮るのを忘れてしまった。この場合のGはガク然のGとなる。
          彩め庵① 
          人気赤丸印

で、GW中に遊びに来ていたキオと食べた「イカ天付 温玉ぶっかけ」をテーブルに乗せることにしよう。

久喜市「菖蒲モラージュ」を右手に見ながら、桶川方面へポンコツ車を飛ばすと、左手に目的の「めん処 彩め庵(あやめあん)」が見えてくる。ここはたまに訪れるうどんとそばの店だが、ハズレが少ない。何を食べてもそれなりに旨い。
          彩め庵② 
          あやめあん?

約4年前にオープン、少しずつ口コミで人気が広がり、今では土日などは行列ができるほどになっている。村長は「イカ天付 温玉ぶっかけ(冷)」のうどん(税別750円)を選んだ。キオは「鍋焼きうどん」(同900円)。
         彩め 
         メニューに惹かれる

これがかなりのこだわりのぶっかけで、先日さぬきうどんの本場・高松で食べた「ぶっかけ」が横綱だとすると、東の関脇くらいの旨さだった。
          彩め庵⑤ 
        イカ天付温玉ぶっかけ
          彩め庵④ 
        こちらは鍋焼きうどん

うどんは自家製麺で、さぬきの半分くらいの太さ。つるっとしていて、もっちり感とコシも十分にある。食べやすい。揚げたてのイカ天がカラッと揚がっていて美味。花かつお、生ワカメ、揚げ玉、長ネギ、万能ネギ、それにまん中に納まっている温玉もいいレベル。わさびがちょこんと乗っているのもいい風景。
          彩め庵⑦ 
          つゆを回しがけ
          彩め庵⑧ 
       カラリと揚がっている
          彩め庵10 
          温玉の存在
          彩め庵11 
          菖蒲うどん?


つゆは生醤油のように辛めで、それがいい効果を生んでいる。さぬきのような出汁感はあまりない。まぎれもなく関東のつゆ。

「味が最初は濃いと思ったけど、食べていくうちに旨くなってきた。ボリュームもほどいいわ。病み付きになりそうなうどんといったところかな」

「さぬきでもなく、武蔵野うどんでもなく、加須うどんでもない。あえて言うと菖蒲うどんだな。店主はその中間ですと言ってたけど、こだわりがあるのはわかる。80点主義のうどんって感じだな」

「80点ってなかなか取れないよ」
          彩め庵4  
          鮮度のよさ

「勝負したいときに食べるといいかもな、勝負うどん(笑)」

「見え見えのオヤジギャグ。最後でげんなりウイークになっちゃったわ」

「この場合のGはじじいギャグのGだよ。ひひひ」

「げっ・・・」

本日の大金言。

GWと無関係の人も多い。ごろ寝のG、げっそりのG、じっと我慢のG、ガキの相手のG・・・黄金のGWばかりではない。



                    彩め庵13 

有名人も愛した「清風楼のシウマイ」

 今回テーブルに乗せるのは、横浜中華街で知る人ぞ知る「清風楼(せいふうろう)」の「シウマイ」であります。シュウマイではなく、シウマイ。あの食通作家・池波正太郎や評論家・草柳大蔵が愛したというのもある種の伝説になっていて、土日などは時間帯によっては行列にもなる。
          清風楼 
          隠れた人気店

数年前、たまたま関帝廟通り(かんていびょうどおり)にあるこの店を見つけて、手土産にしようと思ったが、一番小さい折詰が(12個入り)が税込みで1720円と予想外に高かった。財布と相談した結果、その時は泣く泣く断念した。

それを今回、横浜に行ったついでに、断崖から飛び降りるつもりで(オーバーだよ)、手土産にした。創業が昭和20年(1945年)。現在は3代目。広東料理の老舗でもあるが、店内は小さな大衆食堂のようで、敷居の高さはない。シウマイばかりでなく、炒飯や焼きそばも美味い、という評判。
          清風楼① 
          安くはない

賞味期限は「冷蔵庫に入れて4日間です」(女性スタッフ)。で、上州から愛らしい老犬とともに、ウマズイめんくい村に移住してきたゴッドマザーを交えて、89歳のお誕生会をかねて、賞味することにした。ささやかなぜい沢。
          清風楼① 
          賞味の時間
          清風楼② 
          これこれ
          清風楼④ 
          本物の予感

懐かしい経木の箱(これがたまらない)にきっちりと納まった12個のシウマイは意外に小ぶりで、崎陽軒のシュウマイとそう変わらない大きさ。コック帽のような縦長が特長。外側から見ただけで、いい豚肉が薄っすらと見える。経木の蓋を取った瞬間、独特の玉葱のような濃密な匂いが広がった。
          清風楼⑥ 
          蒸し器で蒸す

村民2号が蒸し器で約8分ほど蒸す。白ワインを用意し、備え付けの辛子をお湯で溶く。酢醤油で食べる前に、いい色に蒸し上がったシウマイを、何もつけずにガブリと行く。
          清風楼⑧ 
          おおお
          蓬莱閣2 
          71年の歴史
          清風楼2  
          肉の圧倒

粗挽きの豚肉の旨みがまず押し寄せてきた。続いて長ネギとつなぎの片栗粉(?)が絶妙に絡んできた。貝柱の旨みと何か隠し味のようなものが全体の旨みを押し上げている。ほのかな塩味(魚醤?)。自然な甘みと旨味。
          清風楼12 
          辛子でガブリ
          清風楼10 
          酢醤油でガブリ

さらに辛子を付けて食べる。酢醤油でまた食べる。それぞれに別の旨みが引き出されてくる。

「確かに美味いわ。本物って感じ。でも1720円というのは安くはない。今日は特別な日だからいいけど、崎陽軒のシュウマイで十分だわ」

「こんな美味いシューマイ、あたしゃ初めてだよ。冥途の土産になるわ。もう二、三度は食べたいよ、店で食べたらもっと旨いだろうね、ぐふふふ」
          清風楼11 
          深みと値段

「このままじゃ村の財政が破たんする予感がする。もう一度働きに出ようかな」

「誰も雇ってくれないわよ。ぎっくり腰の村長なんて」

「村長一人でどこかに移住したくなってきた」

「賛成。天国へ移住するのもいいかもね」

「・・・・・・」

本日の大金言。

横浜中華街は観光化しすぎている気もするが、まだまだ美味の迷路は健在。特にメーンストリートより裏通り。



                   清風楼13 

究極か「あん入り焼きまんじゅう」

GWの真っ最中、法事で 群馬・前橋市までポンコツ車を飛ばす。今年はどうしたわけか法事が多い。

法事の当たり年、そう考えると心が落ち着く。生者必滅の四文字がようやく実感としてわかってきた気がする(遅すぎだよ)。

法事でも舌は止まらない。胃袋も止まらない。止めてはいけない。止めようとしてもそう簡単には止まらない。

前橋からの帰り道、県道桐生・伊勢崎線周辺は「焼きまんじゅう街道」でもある(そう勝手に呼ばせていただきます)。群馬県内でも老舗の名店の一つ「堀田商店」に立ち寄ることにした。
          堀田商店 
          本物の予感

焼きまんじゅうは群馬県民がひそかに誇る郷土食で、県内には専門店だけでも優に100店超はあると思う(数えたわけではないので、単なる実感です)。ていうか、群馬県民にしか通用しない、全国的には珍しいまんじゅう。江戸時代末期には存在していたようだ。「秘密のケンミンショー」などでも笑いのネタにされている代物。伊勢崎市昭和町にある「堀田商店」は、その星の数ほどの焼きまんじゅうの中でも、トップに位置する老舗という噂の店である。
          堀田商店① 
          創業90年
          堀田商店1 
          職人の気配

桐生・伊勢崎線沿いに「やきまんじゅう」の幟(のぼり)が見え、その奥に瓦屋根の古い店構え。隙のない一軒家。年季の入った木枠の出窓のところが板場になっていて、そこにご高齢の店主が白衣姿で精を出していた。炭火が見えた。ポエム。本物の予感。
          堀田商店③ 
          ポエム!

きれいに磨かれた大きな木のテーブルが三つほど。そこに腰を下ろして、「焼きまんじゅう」(1串税込み150円)2串とあん入り焼きまんじゅう」(同250円)を1串頼んだ。あん入りも2串頼もうとしたが、村民2号が「1串4個で1個が大きいから、そんなに食えないわよ」で、3串で妥協した。
          堀田商店② 
          メニューはこれだけ
          堀田商店④ 
          手づくりの世界

女将さんがお茶を持ってきてくれた。持ち帰りの客が多いそうで、ポツリポツリとお客がやってくる。焼き上がるまでの時間、店の創業を聞くと「もう90年になります。主人で3代目です」とか。昭和初期の創業ということになる。
          堀田商店2 
      隅々まで気が届いている

12~3分ほどで、益子焼の大皿に盛られた焼きまんじゅう3串がいい匂いとともに目の前に置かれた。見事な世界。味噌ダレと焦げ目、食欲をそそる甘い匂いが鼻腔をくすぐる。
          堀田商店⑥ 
          香ばしきシンプル
          堀田商店3 
          大皿と竹串まで

まずは焼きまんじゅう。竹の大串を抜いて、ガブリと行く。1串4個。1個の大きさは7センチ弱ほど。厚みは約2・5センチ。噛んだ瞬間、甘い濃厚な味噌ダレと柔らかな食感と香ばしい小麦の風味が口中に広がった。もちっとした歯ごたえ。美味。甘味が強いが、村長がこれまで食べた焼きまんじゅうの中でもこれは間違いなくトップだと思う。
          堀田商店⑧ 
          焼き立て
          堀田商店10 
          頂点の世界

皮種は地粉を使い、米粉も少し入れているようだ。それを糀(こうじ)で膨らませている。むろん自家製。どこかイタリアのフォカッチャを連想してしまった。

続いて、あん入りにかじりついた。こしあんが入っただけで、ずしりと重みが加わった。こしあんだけは「あんこ屋さんから仕入れてます」(店主)とか。きれいな甘みで、それが焼きまんじゅうの味噌ダレの濃厚な香ばしさに妙に合っている。
          堀田商店12 
          あん入りへ
          堀田商店13 
          ミスマッチではない
          堀田商店14 
          上質な職人芸
          堀田商店16  
          あーん

「あん入りも美味いけど、私は何も入っていない、本来のシンプルな焼きまんじゅうの方が好きだな。焼きまんじゅうはずいぶん食べたけど、これは凄いわ」

「焼きまんじゅう店は駄菓子屋みたいな店が多いけど、ここは庶民的なのに格がある。本物に出会えた感じ。焼きまんじゅうは決してB級ではない。そんな気になる。古い木の温もりと隅々まできれいに雑巾がかけられている感じがとてもいい」

「上州生まれとしては、うれしいわ。焼きまんじゅうはどこか小バカにされてる気がするけど、この店に来てほしいわ。この安さも店の心意気を感じるわ。1串150円は他の老舗より安い。しかも美味い。本当にいい店だわ」

「目がうるんでるね。そうか悔しかったのか(笑)」
「花粉症よ。会津の饅頭の天ぷらより全然いいでしょ?」
「何だか秘密のケンミンショーみたいになって来たね。やめよう、今日は法事帰りだから。平和に平和に・・・」
「生者必滅。饅頭にも平和を・・・」

本日の大金言。

焼きまんじゅうは以前は「あんなもん、どこが美味いのか」と思っていたが、いい焼きまんじゅうに出会ってから、その見方を変えた。ホントに美味いのである。千利休がメニューに出した「麩の焼き」も味噌ダレを付けて焼いたもの。ある意味で、焼きまんじゅうはその伝統の線の上にある、と思う。



                  堀田商店5 



「舌の迷路」横浜中華街

 久しぶりに横浜中華街へ。主目的はハマのドン、西欧先生ご夫妻とディナーのためだが、せっかくの中華街。早めに行って、「安くて美味い店」を足で探し歩き、それなりのランチも楽しみたい。

横浜中華街には中華料理店だけで226店、その他を入れると約500店舗あり、その店舗密度はアジア最大とか。ここには何度か来ているが、ちょっと路地に入っただけで、中国語が飛び交い、香港か上海の裏通りにいるような錯覚に陥る。舌の迷路。胃袋のイエローマジックオーケストラ。
          横浜中華街② 
      関帝廟(かんていびょう)通り

そこがまた魅力でもある。観光客でにぎわう中華街大通りから少し外れて、裏通りの関帝廟通りに入ってみた。ここにはいい店が並んでいる。ぶら歩きしながら、その一つ「蓬莱閣(ほうらいかく)」に狙いを定めた。あの池波正太郎も通っていた店でもある。
          蓬菜閣 
       見かけは侘びしげだが

北京料理と書いてあるが、実際はその源流、山東料理。昭和35年(1960年)創業で、小さいながら「本格的な山東料理を出し、餃子とチャーハンも美味い」らしい。地道にいい料理を出しているような、やや煤けた店構えが気に入った。
          蓬菜閣② 
          餃子が美味い?
          蓬菜閣③ 
          チャーハンさま

テーブルが六つほど。時間が正午前だったので、お客は半分ほど。「焼餃子」(税込み720円)、「蒸餃子」(同)、それに「チャーハン」(同830円)を頼むことにした。生ビール(小420円)もしっかり頼んだ。
          清風楼③  
          焼餃子の大きさ

約15分ほどの待ち時間で、まずは焼き餃子がやってきた。4個だが、1個がかなりデカい。フツーの餃子の優に2~3倍はある。壁に「不要醤油」と書いてあり、「タレなしでそのままどうぞ」と説明してあった。付けるなら酢とラー油だけ、とも。うむ。
          蓬菜閣1 
          タレは不要だって?

これが当たりだった。皮のもっちりとした食感が只事ではない。具は豚肉、白菜、ネギが中心。しっかり薄味が付いていて、その肉汁と旨味がひと味違った。柔らかな香辛料(五香粉?)がいい具合に効いている。オイスターソースの気配もある。村民2号が「うまいわ。佐野の餃子より本格的ね」と妙な感心の仕方で頷いている。
          蓬菜閣2 
          只事ではない
          蓬菜閣5 
          がぶりと行け
          蓬菜閣12 
          こちらは蒸し餃子
          蓬菜閣4 
          酢とラー油だけ

続いて蒸籠に入った蒸し餃子。湯気が立ちのぼっている。白菜が敷かれていて、こちらも特大が4個。作り方が違うだけで、皮の恐るべきもっちり感と具の絶妙がピッタリ合っていた。酢とラー油を付けて食べると、別の旨みが舌に滲み込んでくる。
          蓬菜閣13 
          肉汁と菜汁
          蓬菜閣⑧ 
          名チャーハン!

ビールで咽喉を潤してから、最後にやって来たチャーハンへ。盛りのよさ、一粒一粒のパラパラ感、すべてがさり気なく上質。以前チャーハンの名店「同發(どうはつ)」で食べたものと遜色がない。値段等を考えると、こちらの方がコスパが高いと思う。
          蓬菜閣10 
          パラパラ絶妙
          蓬菜閣11 
          あーん

その約6時間後、みんなで食べた人気店「山東2号店」は同じ山東料理とは思えないほど、味付けが濃かった。水餃子は噂通り美味かったが。その分、時折り瑞典語も交った会話がいい隠し味となり、楽しいディナーとなったのは言うまでもない。

本日の大金言。

横浜中華街の店選びで注意すべきは、食べログなどの人気は眉唾と考えることだと思う。行列店はスマホ片手が多い。店の対応もいい意味でも悪い意味でも大陸的で、水を頼んでも、持ってこないこともある。スマホ片手の行列店は避けた方が無難と思う。





                        蓬菜閣15 



プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR