さらば築地場内「センリ軒」

 今年は築地市場のラストイヤー。関東大震災後、昭和10年(1935年)に日本橋から築地に移転、約83年に渡る歴史に区切りを付けることになる。どうせならきんさんぎんさん(懐かしいのう)とまでは行かなくても、100年まで頑張ってほしかったが、今年の10月11日豊洲移転で、その歴史に幕を閉じる。

築地には思い入れが深い。エンタメ新聞社が築地にあった頃、真夜中の仕事を終えてから、明け方近くに場内市場で美味い魚をつつきながら一杯やるのが楽しみだった。安ウマの極致。

感傷はさておき、今回テーブルに乗せるのは場内市場8号棟にある喫茶店「センリ軒」の名物「ヒレカツサンド」である。
          センリ軒② 
      場内市場名物の一つ

6号棟にある「珈琲の店 愛養(あいよう)」とともに、築地市場のシーラカンスのような老舗喫茶店。むろんこのシーラカンスという言葉には最大の敬意をこめている。なにせどちらも創業が大正初期。魚市場が日本橋にあった頃から「ミルクホール」として営業していたようだ。

新しい小田原橋棟の3階に支店を出したので、「センリ軒」自体がなくなることはなくなったが、築地の何とも言えないセピア色の店はなくなる。歴史は建物とともにある、と思うと、一抹の寂しさを感じてしまう。
          センリ軒④ 
          隣りの行列

で、思い立って、朝早く8号棟まで足を運ぶことにした。午前10時半だというのに、外国人観光客も含めて、恐るべき行列。だが、それは隣りの海鮮丼屋の行列。「センリ軒」は行列とは無縁で、ほとんどすぐに入れた。思わず笑みがこぼれる。知らぬは観光客ばかりなり。約5年ぶりの訪問。
          場内市場センリ軒 
          残り約10か月

コーヒーの香りとともに「昭和初期の世界」がそのまま。客は魚河岸関係者が多く、市場の有名人も長靴姿でコーヒーを飲み、三代目店主と大声で話していた。タバコの煙もここでは出入り自由である。
          センリ軒14 
          これこれ

「ヒレカツサンド」(税込み 700円)と自家製「チーズケーキ」(コーヒーとセットで600円)を頼むことにした。

待ち時間は10分ほど。ヒレカツサンドは表面がいい具合にトーストしてあり、間に挟まれたヒレカツは肉の厚みが優に1・5センチはある。自家製ソースがたっぷりかかっていて、パンにはマーガリンがほどよく塗られている。
          センリ軒⑦ 
     シンプル・イズ・ベスト
          センリ軒⑧ 
       トーストの焼き具合

3組にさらに包丁が入っていて、食べやすいように合計6つに小分けされている。ガブリと行くと、トーストしたパンの香ばしさと柔らかなヒレカツの重量感に場内市場で喫茶店ひと筋のプライドを感じる。トンカツのコロモは薄く、その分、ヒレ肉自体の旨さが絶妙に広がる。フツーに旨い。
          センリ軒11 
          おおおの世界
          センリ軒10 
          ヒレカツ

マスタードとパセリがないのが少々残念だが、それは今に始まったことではない。外側より中身で勝負の築地そのものの世界だと思う。市場関係者は舌の肥えた人が多い。それに応えて敷居を低くして百年以上も生き残っていることの凄さ。

マイルドなコーヒーも伝統を感じさせるもので、それを飲みながら、銀紙に乗った自家製チーズケーキを味わう。
          センリ軒⑤ 
        自家製チーズケーキ
          センリ軒⑥ 
          上質の味わい

レアとベイクド2層になっていて、舌の上での溶け方が心地よい。春風の鮮度と風味、それに甘さが抑えられている。底のビスケット生地とともにレベルの高いチーズケーキだと思う。

10月の移転まで、何度通えるか、頭の中で指を折ってみたが、6本目くらいでため息が出てしまった。

本日の大金言。

タイムマシンがあれば築地の前の日本橋魚河岸時代にも行ってみたい。江戸時代からつながる魚河岸の歴史こそ、日本が世界に誇る文化遺産だと思う。目算が狂ってしまったパフォーマンス好きのどこかの自分ファースト知事は今、何を思う?



                センリ軒12               








百年料理屋の「キジつくね弁当」

東京・日本橋茅場町周辺にはいい店が多い。ホントに多い。

兜町ペンクラブに野良仕事に行ったときなど、時間があるときは、このあたりをぶら歩きするのが楽しい。今回テーブルの上に乗せるのは昨日午後1時過ぎ、氷雨の中を飛び込んだ「鳥徳(とりとく)」のランチ弁当である。
          鳥徳 
          いい店構え

以前から目を付けていた老舗の鳥料理屋で、うなぎも名物。創業は記録が残っていないのではっきりしないが、明治30年(1897年)前後のようだ。すぐ近くには同じ鳥料理の名店「やきとり 宮川」もある。こちらはすでにこのブログでご紹介している。
           鳥徳① 
          二階は座敷

海老茶の暖簾がいい風情で、中に入ると、外から見るよりもかなり広い。年季の入った下駄箱と階段があり、大正・昭和の面影がある。一階は奥がガラス張りの板場になっていて、こちらも驚くほど広い。そこで料理人が鮮やかな手さばきでうなぎとキジ(鶏)を焼いている。明治・大正の板場を見ているような気分。
          鳥徳1 
          一階の世界
          鳥徳2 
          板場の別世界
          
カウンター席に座って、メニューを物色する。3種類の弁当が気になった。一番安い「A弁当」(税込み 850円)に目が行くのは仕方がない。
          鳥徳6 
          メニューは多くない

「A弁当って何?」
「キジ焼きとつくねです」(女性スタッフ)
「それ、お願いします」

ちなみにB弁当は焼き鳥中心、C弁当はうなぎ。値段が上がっていく。どうやらこの店では鳥をキジと呼んでいる。江戸から続く言葉遊び(シャレ)が今も生きているのが、さすが日本橋界わいの老舗と感心。
           
14~5分ほどで鳥スープがサッと置かれた。あっさりした塩味で、ま、普通の味わい。それから2~3分で、A弁当がやってきた。漆塗りのドシリしたお重で、「A弁当」というあまりに軽い言葉と違和感があると思う。
          鳥徳③ 
          A弁当、登場

ゆっくり(こういう店では急いではならない)蓋を取ると、見事な世界が広がっていた。濃いタレをくぐらせたキジ(多分胸肉)が全体の三分の二を覆っていた。そのボリューム。焼き加減がプロフェッショナル。残りの三分の一は大きめのつくねが6個。こちらは塩ダレで、箸を付けると、鳥つくね自体の旨みが口中に広がった。かすかににんにくの匂い。グリーンピースがポエム。
          鳥徳④ 
          このボリューム感
          鳥徳7  
          つくねの実力
          鳥徳⑧ 
          キジの実力

キジは厚めで7~8枚はありそう。濃いめの甘辛ダレで、鳥の鮮度がかじった瞬間にわかった。ブランド名などは書かれていないが、比内地鶏のような食感で、おそらくいい鳥を朝締めしたものではないか。老舗は野暮な表示はしない。
          鳥徳10 
          七味をパラリ

最も感心したのは絶妙にタレのかかったご飯で、やや固めの炊き加減と、透明感のあるテカり。どこの米かはわからないが、一粒が小さいのでおそらくコシヒカリ系だと思う。量は少なめ。
          鳥徳11 
          タレのかかり具合
          鳥徳12 
        食べ終えたくない

途中で七味をかけ、さらに食べ進むと、つややかな海苔が出てきた。ポエム。あまりに美味いので、食べ終えるのが惜しくなるほど。白菜の漬け物(食べ放題)はそれなりだが、このA弁当、850円という舌代を考えると、かなりのお値打ちだと思う。

本日の大金言。

茅場町、兜町、八丁堀周辺はランチの激戦区でもある。裏通りに入ってもいい店が多い。バブル華やかなりし時代には近くの証券マンが爪楊枝(つまようじ)を加え、肩で風切って歩いていた。その爪楊枝姿も今はあまり見かけなくなった。


                 鳥徳14 

東大前の「豚肉しょうが焼き定食」

「棟方志功と柳宗悦」を見に日本民藝館へ。ポンコツ車ではなく電車。最寄駅が駒場東大前なので、東大キャンパスを横目に歩くことになった。外国人留学生の姿が目に付く。ちらと見た限り人種も多種多様で、頭脳の国際化を改めて実感。頭に国境はあるのかないのか。
          日本民芸館② 
          日本民藝館

さて、本題は東口の東大商店街にある老舗食堂で食べた「豚肉しょうが焼き定食」。

どこで昼めしを食べようか思案しながら、たまたま隣を歩いていた東大生らしい二人組に探りを入れてみたら、「それは何といっても菱田屋(ひしだや)でしょうね。混んでますけど、ぜひ食べてみてください」と軽やかに断定するではないか。曖昧さが一ミリもない。
          東大駒場前 
          いい店はあるか?

その指差す方向に7~8人ほど並んでいた。白壁のシンプルな外観、木で枠取りされたガラス張りの入り口。どこかシャレたカフェのようにも見える。「菱田屋」の小さな屋号が白壁に明朝体で書かれているだけ。午後1時過ぎなのに、行列は衰えそうもない。入り口に自転車が置いてあるのもシャレている。
          菱田屋② 
          行列の店

仕方なく15分ほど並んでから、中に入ると、カウンター席とテーブル席、奥も長い木のテーブル席があり、外国人の姿も混じっている。なぜかみんな研究者に見える。先ほどの二人組が「昔から東大生がよく行く定食屋なんです。ウソみたいですけど、百年以上の歴史があるんですよ」と道々話していたことが頭にあったからかもしれない。ということは東大生御用達の定食屋?
          菱田屋③ 
          定食メニュー

メニューは多いが、メチャ安ではない。

ロースカツカレーにも惹かれたが、ここはやはり「豚肉しょうが焼き定食」。だが、メニューにはない。テキパキしている女性スタッフに

「豚肉しょうが焼き定食は終わったの?」と聞いてみた。

すると、「ありますよ」とにっこり。あまりに定番なので書く必要がない、ということか? ついでに舌代を聞くと「1130円(税込み)です」。うむ。
          菱田屋④ 
          日本一?

これが想像以上のものだった。待ち時間は長く15~6分ほど。厨房には料理人が3人ほど。その一人がどうやら五代目らしい。定食屋というよりはビストロのよう。

ジュワジュワと音を立てるような厚切りの柔らかそうな豚肉がタマネギを従えて、山盛りになっていた。たっぷりの生姜と醤油のいい匂いが小宇宙を作っている。マヨネーズパスタと生野菜が添えられていた。それに白菜の味噌汁とどんぶり飯、漬け物。
          菱田屋6  
          いいバランス
          菱田屋1 
          豚肉の山!

厚みのある大きめの豚肉が数えてみたら8枚ほどある。普通のしょうが焼きの優に2倍以上のボリューム。

「豚肉も国際化?」と女性スタッフに聞いてみたら、にっこり微笑んでから「国産豚の肩ロースです」。うむ。
          菱田屋11 
          唾液がドドド

ロース肉よりは固めだが、柔らかな弾力で、いい豚肉にかじりついている感覚。生姜醤油の薫風のなかにニンニクの匂いも。隠し味かも知れない。味噌汁も漬け物もそれなりにしっかりと旨い。どんぶり飯だけはわざとか、学食のような粗雑な味わい。それが不思議にいいアクセントになっている。
          菱田屋12 
          これで半分ほど

どんどん食が進み、お腹が7回裏あたりでほぼ満杯になってしまった。その後は格闘、また格闘。

9回裏まですっかり食べ終えると、たらふく感と満足感でしばし放心する。豚肉にはビタミンB1が多く含まれ、疲労回復の効用がある。最近たまっている疲れが取れるのを期待することにしよう。留学生らしいカウンターの白人男性は「ロースカツカレー」を旨そうに食べていたが、そのボリュームも普通のものの2倍以上はあった。東大生、恐るべし。

本日の大金言。

東大生の秘密の一つが「菱田屋」かもしれない。百年食堂だが、元々は東大構内で仕出し屋を営んでいたらしい。頭脳活動にはエネルギーを大量に使う。それを補っていた一つの要素に菱田屋の存在があるとしたら、隠れた功労者だと思う。


                  菱田屋4

南青山「神戸牛ハンバーグ」の驚き

 友人でもある気鋭の画家・鈴木るり子さんの個展を見に東京・南青山「ギャラリー5610」へ。同じ美大出の村民2号も黒づくめのファッションで決めて付いてきた。だが、悲しいかな村長はどんなに気張っても田吾作スタイル。このアンバランスには付ける薬はない。
          鈴木るり子画展① 
          鈴木るり子個展

るり子さんの娘さんが映画製作に携わっていることもあり、会場はその娘さんがセッティングしたもの。作品は抽象画と陶器。それらがシンプルに展示されていた。買いたくなる絵が2点ほどあったが、村の財政の関係で断念。30分ほど談笑してから、もう一つの目的、昼めし探しへ。
          リマ 
          当たりかハズレか?
 
骨董通りをぶら歩きしながら、味覚センサーがピコピコ鳴るのを待った。この周辺はいい店が多く、しかも隠れた名店があるはず。そのセンサーが5丁目あたりで鳴った。ひっそりとした入り口。地下へと続くアプローチと階段。そのメニューボードに目が吸い付いた。手書きのチョークで「LUNCH 神戸牛ハンバーグ 150グラム1500円」と書かれていた。さらに200グラム1700円、300グラム2500円の文字。うむ。
          リトル・リマ② 
          美味の入り口

余計なものがない店構えからただ者ではない匂いがぷんぷん漂ってきた。1500円は場所柄高いとは言えない。それどころかあの黒毛和牛の頂点、神戸牛。これは当たりかもしれないぞ? それが知る人ぞ知る神戸牛専門のステーキ屋「リトル・リマ」だった。

入り口のドア付近にワインの空ボトルが置いてあり、ふと見ると、オーパスワン、シャトーマルゴー、ドミナス、ラ・ルーチェなどのエチケット(ラベル)! 見方を変えると、ある種のイヤミも感じるが、「安くはないステーキ屋さん」であることがわかる。
          リトル・リマ6 
          すげえ

ゆったりとL字型の見事な鉄板に10席ほどの椅子。テーブル席も二つほど。その対面に品のいい立ち姿のシェフともう一人若いコックさんがいた。時間が午後1時半を過ぎていたせいか、客は他に3人ほど。150グラム(税込み 1500円)を頼んだ。
          リトル・リマ④ 
          1500円だって?

ランチタイムは鉄板は使わないようで、フライパンで焼き始めた。いい匂いが立ち上がり、BGMのモダンジャズが静かに流れている。ある種のポエム。
          リトル・リマ⑦ 
          ただ者じゃない
          リトル・リマ⑥ 
          隠れた逸品

待ち時間は15~7分ほど。ワカメの味噌汁とライスが置かれ、続いて神戸牛のハンバーグがていねいに置かれた。神戸牛のスジ肉と香味野菜を10日間以上煮詰めて仕上げているそう。デミグラスソースがたっぷりとかけられている。15年以上継ぎ足してきたもので、その色合いに肉好きの村民2号が息を飲んでいるのがわかった。
          リトル・リマ⑧ 
          神戸牛の技
          リトル・リマ10 
          ライスは少なめ

人参グラッセ、ポテトサラダ、キュウリのピクルスが添えられていた。すべてがさり気なく本物。デミグラスソースが甘めなのが好みからやや外れるが、肉自体の美味さ、料理の腕、雰囲気、どれをとっても1500円というのは驚きである。店を出てからあれこれ感想。
          リトル・リマ⑨ 
          煮込みに10日

「キュウリのピクルスが美味かったわ。本物のプロは隠れているのね。こんな店があるなんて、やっぱり青山は違うわ。原宿とは違う。村長のセンサーも捨てたものじゃないわね」

「調べてみたら、この店は肉好きの寺門ジモンが『取材禁止の店』と書いていたよ。夜は一人3万円は覚悟しないといけない店らしい。シェフがあまりに渋く格好いいのでそっと聞いてみたら、創業は1975年。43年ほどの歴史で、店名のリマはペルーの首都とは関係ないそうだ。店名の由来は結局よくわからなかった」
          リトル・リマ11 
          プロがいる
          リトル・リマ4 
       柔らかな人参グラッセ

「村長が写真を一杯撮ってたけど、大丈夫だったかしら。方針を変えたのか、村長の哀れな姿に同情したのか黙って見てたわね」

「一応了解は取ったよ。こういういい店はちゃんと紹介しないとね」

「よく言うわよ、今度は夜来ますなんて。一人3万円よ。昔じゃあるまいし、今はそんな余裕ないわよ」

「シェフはちゃんと見抜いているよ。だから凄いんだよ。あのシェフ、やっぱりただ者じゃない

「ま、3万円の店で大満足の1500円、いい時間だったから許してあげるわ。だけど隠れて夜来たら、許さないけど(笑)」

「・・・・・・」

本日の大金言。

面白い話を聞いた。食べログの話になって、この店も出ていた。それを知って、「消してほしい」と頼んだら、応じてくれないとか。食べログの評価もそれなりに高かったので、それはよしとすることにしよう。店はネットの世界と対極にあるのは確かだ。


                  リトル・リマ5 

テンコ盛り「謎のホットケーキ」

 本日テーブルに乗せるのは大雪にも負けないホットケーキ、であります。ホットケーキファンは老若男女問わず根強い。

元々は大正末期から昭和初期にかけて東京で誕生した和製英語らしい(世界的にはパンケーキ)が、昭和32年(1957年)に森永製菓が「ホットケーキミックス」として売り出し、それが爆発的人気になり、一般家庭に入り込み、戦後の国民的スイーツの座に上り詰めた。今ではスイーツ界の演歌みたいなものかもしれない。
          吉祥寺虎屋①  
          吉祥寺の穴場

東京・吉祥寺のサンロードをぶら歩き中に、美味そうなホットケーキのメニューが見えてしまった。しまったからにはパブロフの犬になるしかない。ちょうど午後1時過ぎ。昼飯にホットケーキというのも案外オツだと思う。飲み過ぎでもたれた胃にはやさしいはずだ。
          吉祥寺虎屋② 
          パブロフの犬

吉祥寺虎屋の甘味処「茶寮 吉祥庵(きっしょうあん)」の定番メニューで、ホットケーキだけで6種類もある。入り口は狭いが、暖簾も「おしるこ」の赤い旗も江戸趣味でポエム。階段をトントンと上り、2階にある店内に入ると、老舗の甘味処の世界。BGMの琴の音が渋い。
          吉祥庵 
          甘美な世界へ

「昔ながらのホットケーキ」メニューの中からシンプルなホットケーキにしようかと思ったが、あんこ好きの虫が騒いだ。悪魔と天使の間を揺れ動き、ついに悪魔(?)が勝ってしまった。気がついたら「小倉ケーキ」(税込み830円)を頼んでいた。あんこからの足抜けはできそうもない。
          吉祥庵② 
       ホットケーキがズラリ
          DSCN5890.jpg  
          おおおの登場

待ち時間は15~6分ほど。多分銅板でじっくり焼いているに違いない。お盆に乗った「小倉ケーキ」はワンダーだった。ふくらし粉をしっかり使った昔懐かしい分厚いきつね色のホットケーキが2枚。その上からゆるめのつぶしあんが溶岩のように大量に流れ込んでいた。ホイップクリームが後ろに控え、愛らしいさくらんぼがちょこんと乗っかっていた。何というビジュアル。それにナイフとフォーク。
          吉祥庵④ 
          愛の時間
          吉祥庵⑤ 
          甘い溶岩
          吉祥庵⑥ 
          飛び込みたい

スイーツが苦手な人にとっては地獄絵図かもしれないが、村長にとっては極楽絵図。

ホットケーキはふかふかだが、しっかりとした昭和が太い輪郭を支えている。そんな感じ。流行のふわふわに流れない正統派ホットケーキ。自家製あんこは甘さが控えめで、柔らかく炊かれている。目白の「志むら」で食べたあずき氷のゆるゆるあんこのようなインパクト。皮まで軟らかい。多分北海道産大納言小豆。砂糖はザラメだろう。
          吉祥庵⑦ 
          正統派ホットケーキ

食べ進むうちに少々飽きが来てしまった。マーガリンがないのが残念。蜜もない。あえて言うと、ホイップクリームをやめて、マーガリンにした方が味わいにメリハリがつくと思う。サービスのほうじ茶が美味い。
          吉祥庵⑧ 
          先は長い

何とかきれいに食べ終えると、向こう側にいたおばはん二人組が明るく話しかけて来た。
「あらあなた、面白いことやってるわねえ。左手で写真を取りながら右手て食べるなんて器用ねえ。私も食べたくなっちゃったわ」
「へえー、ブログやってんの? いいわねえ。何ていうブログ、教えて教えて」
          吉祥庵10 
          幸せなチェリー

10分ほど雑談につきあってしまった。気がつくと2時過ぎ。慌てて立ち上がる。会計のとき気になっていたことを女性スタッフに聞いてみた。
「ここは京都の虎屋の支店ですか?」
「いいえ、まったく関係ありません、ウチは昔から吉祥寺です。創業83年になります。現在三代目になるんですよ」

一時閉店した時期があり、数年前に復活したこともわかった。吉祥寺虎屋の謎がようやく半分くらい解けた。

本日の大金言。

ホットケーキのHOTには「ホッとする」の意味もあると思う。温かくてホッとする。スラングではセクシーだが、日本では母性のあるスイーツで、実体として貴重なスイーツだと思う。




                  吉祥庵12 











プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR