池田満寿夫とクリーム栗あんみつ

 何ということだ。信州・松代にある「池田満寿夫美術館」がこの7月いっぱいで閉館してしまうとは。理由は入場者数の激減など経営上の都合のようだ。ファンでもあり、ほんの少しだが、仕事でかかわったことのある村長としては悲しすぎる。

竹風堂松代店の敷地内に開館したのが1997年(平成9年)。この年の3月8日、池田満寿夫は突然のように63年の生涯に終止符を打った。死因は愛犬に飛びつかれて転倒、そのまま天国へと旅立った・・・などと伝わったりもしたが、実際は少し違うようだ。少し前に脳こうそくで倒れて、入院生活を繰り返していたらしい。竹風堂の先代が池田と交友があり、その縁で亡くなったその年に開館している。
          池田満寿夫美術館⑥ 
      閉館する「池田満寿夫美術館」

つまり今年は没後20年。その記念の年に閉館とは。今回の信州の旅の大きな目的の一つが、「池田満寿夫美術館」だった。入り口のポスターには没後20年の企画展が「~12月5日(火)」となっているくらいで、閉館は突然の出来事だったことがわかる。
          池田満寿夫美術館① 
          悲しい入り口

それにしても稀代の才能・池田満寿夫の名前が功績以上にフェードアウトされていくのはなぜか? 遺作となった「美貌の青空」を観ながら、今だ正当に評価されない(と思う)、その無念の思いを想像する。芸大に三度も落ち、最初に認められたのは日本ではなく、海外だったこと(ビエンナーレ展版画部門国際大賞)など。

青空にすら濃厚なエロスを投影するMASUOの視線を想いながら、「竹風堂松代店」の暖簾をくぐる。客は少ない。竹風堂は小布施に本店があり、栗菓子の老舗として知られている。
          竹風堂① 
          竹風堂松代店

暑かったこともあり、「クリーム栗あんみつ」(税込み777円)を頼むことにした。これが予想以上の絶品だった。以前、小布施本店で「栗あんしるこ」を賞味したことがあるが、それよりもこちらの方が気に入った。
          竹風堂② 
          これこれ
          竹風堂③ 
          ええのう
          竹風堂④ 
          向こう側のエーゲ海
          竹風堂⑤ 
          ポエム!

寒天、果物、求肥(ぎゅうひ)はフツーの美味さ(洗練されている)だが、国産栗を使った主役の栗あんと蜜煮した大栗が秀逸。素朴な甘さといい栗の風味といい「小布施堂」といい勝負だと思う。

自家製のアイスクリーム(バニラ)がいい出来で、その冷たい新鮮な風味が鼻腔へと抜けていく。栗あんとの相性もいい。意外だが、小さ目の赤えんどう豆の塩気が、目立たないところで全体を引き締めている。
          竹風堂⑦ 
          秀逸な栗あん
          竹風堂⑧ 
          飛び込みたい
          竹風堂⑨ 
        秀逸なアイスクリーム
          竹風堂10 
          寒天のエロス

突然、池田満寿夫が甘党だったか、気になった。「コロンブスの卵焼き」(目玉焼きに上からソースをかけただけのドンブリ)など、自分でもユニークな料理を楽しんだことは知っているが、甘党だったかどうか。栗あんみつを食べたかどうか。「池田満寿夫美術館」の運営会社でもある竹風堂に聞いてみた。あまりにおバカすぎる展開だが。
          竹風堂13 
        MASUOはいずこへ?

「さあ、そこまでは知りません。特に聞いたこともありません」

何ということだ、池田満寿夫が遠い。青空が目に染みる。だが、村長は確信している。いつかMASUOが再評価される、と。「日本で」を超えて、世界で。

本日の大金言。

今回は「池田満寿夫に捧ぐ。」になってしまったが、書店に行ってもほとんど絶版。版画はもちろん、陶芸、小説、映画とピカソを思わせる世界を切り開いた一人の筋金入りの、多彩な芸術家をどうか忘れないでほしい。一ファンより。



                 竹風堂14

驚きの発見「チャボかつ丼」

 東京・三鷹時代の友人たちと一泊温泉旅行へ。夜遅くまでドンチャン騒ぎでへろへろ。翌朝、二日酔いのまま、信州・下諏訪まで足を運んだ。

目的の一つは塩羊羹の元祖「新鶴屋(しんつるや)」。ここでしか買えない塩羊羹で、以前知人からいただいた折、そのグレーグリーンの姿とあまりの美味さに腰を抜かしそうになった。で、これは店まで行くっきゃない、となったわけである。
          諏訪大社秋宮 
          諏訪大社秋宮

そのレポートは後日として、今回テーブルに乗せるのは、下諏訪駅からすぐのところにある「食堂 チャボ」。今回の小旅行で最大の発見が、この小さな食堂である。かような場所にかような食堂が存在していることに、うれし涙が数滴出かかったほど。アルコールが混じった涙だが。
          食堂チャボ① 
          いい食堂の気配

下諏訪駅を出て、諏訪大社下社秋宮へ歩き始めたら、すぐ右手に、何とも言えないセピア色の食事処が見えた。夕暮れ前。それが「食堂 チャボ」だった。通り過ぎてから気になって、引き返し、黒地の暖簾をくぐると、白衣の老夫婦がいた。

「すいません。昼はもう終わって、夜は5時からです。あまり長い時間はやってませんけど」(女将さん)
           
当たりの予感。で、夕方6時過ぎに再訪。テーブルが三つほど。壁にはメニューの木札が下がっている。品数は多くはない。小さいながら、隅々まで神経が行き届いた、こだわりの店と感知できた。客は他に家族連れが一組だけ。
          食堂チャボ② 
          メニューは多くない
          食堂チャボ③ 
          隠れ名店?

創業は昭和46年(1971年)とか。ポークのソースかつ丼にも惹かれたが、一番人気という「チャボかつ丼」(税込み750円)を頼むことにした。

「チャボ」という店名からチキンが目玉の食堂。チャボかつとは、チキンカツのことだとわかった。つまりはチキンカツのソースかつ丼。注文と同時に奥の厨房で、トントンという音とともに、油で揚げる軽やかな音が聞こえてきた。
          食堂チャボ④ 
          言葉がない

待ち時間は15分ほど。見事な、甘辛の自家製ソースにくぐらせた、揚げたての巨大チキンカツがドンブリを覆っていた。ひと目で本物、とわかった。いい匂いが立ちのぼっている。その下にはキャベツの千切りが見える。豆腐のみそ汁と、キュウリの浅漬け。隙がない。
          食堂チャボ⑤ 
          美味の山
          食堂チャボ⑥ 
          このボリューム

最初のひと噛みで、そのコロモのカラッとした歯ごたえ、ソースの絶妙、肉の柔らかさ、肉汁の余韻・・・すべてが1.2倍の美味さ。炊きたてのご飯は柔らかめで、タレのかかり具合がほどよい。肉の厚さは1センチほどで胸肉中心だが、柔らかくて上質。食べながらため息が出るほど。
          食堂チャボ⑧ 
          静かな感動
          食堂チャボ11 
          まさかのソースかつ丼
          食堂チャボ12 
          どんどん食べ進む
          食堂チャボ14 
          プロがいる

静かな感動が波のように舌から全身へ。妙な例えだが、地方の草相撲を見に行ったら、大関高安が相撲を取っていたような、そんな感動と言ったらいいのか。

キュウリの浅漬けの美味さも書いておきたい。意地悪な目線でアラ探しをしたが、残念ながら見当たらない。かような場所に飛び切りの老いたプロがいる。憑かれたように箸がすすむ。イッツ、オートマチックだよ。参りました。
          食堂チャボ10 
          恐るべき一品

食べ終えると、老店主にひと言、お礼を言いたくなった。

「チキンはチャボですか?」
「チャボは固すぎて使えないですよ。フツーの鶏肉です。元々はチキンソースかつ丼って言ってたのに、いつのまにかお客さんがチャボかつ丼って言い始めて、それが定着したんですよ。誤解する人が多いですけど(笑)」

「感動しました。長野は駒ヶ根のソースかつ丼が有名ですけど、下諏訪にこういう店があったとは、想像だにしてませんでした。恥ずかしながら」

「昔からずっとこのメニューです。常連さんが付いてくれて、それで何とかこの年まで続けて来れました」

中央ばかり見ていると、世の中を見間違う。諏訪大社とともに、こちらの神様にもそっとかしわ手を打ちたくなるのだった。

本日の大金言。

地方にはいい店が隠れている。中央より地方。そこにいぶし銀が埋まっている。口先だけのアベノミクスより、舌先のアジノミクス。



                  食堂チャボ15 



銀座木村屋を超える?桜あんぱん

 本日はあんぱん好きのおバカなお話。

5年ほど前、東京・有楽町駅前にあるアンテナショップ「むらからまちから館」(交通会館1F)で、この桜あんぱんと出会い、そのあまりのボリュームと美味さに驚いた。で、翌週、本店のある栃木・佐野までポンコツ車を飛ばした。ナカダの桜あんぱん。風にはためくノボリに心意気を感じた。

当時は1個120円で、ほんのり塩気のあるこしあんを酒種のパン生地がふっくらしっとりと包んでいた。それにさくらの香り。「銀座木村屋を超えてる」とまで思った。木村屋と同じ、酒種で発酵させたパン生地、北海道十勝産小豆を使用したこしあんの圧倒的な量と美味さに素直に脱帽した。へその部分に塩漬けの桜の花びら、というのも木村屋を連想させた。
          ナカダ 
          ナカダのパン!

そのナカダが店をリニューアルさせたと聞いて、久しぶりにポンコツ車を飛ばした。佐野という地方都市にかようなあんぱんが存在することに、ある種の希望を見出していた。むろん個人の勝手な思い込みかもしれない。

5年前の思いは悲しいかな、色褪せていた。店はきれいになって、この5年間で、ナカダのあんぱんはTVや雑誌などでも取り上げられ、それにつれて、販路も拡大したようだ。めでたいことには違いない。
          ナカダ1 
          ときめき
          ナカダ③ 
          あれっ?

価格が1個144円(税込み)になっていたのは時勢で、仕方がない。だが、残念なのはひと回り小ぶりになっていたこと。ボリュームも大きな武器だと思うのだが。
          ナカダ⑥ 
          高いレベル
          ナカダ⑨ 
          いい匂い
          ナカダ⑧ 
          もっちり感
          ナカダ11 
          愛が割れる

フツーに食べれば、フツーに美味い。並のあんぱんよりも美味い。ここは押さえておきたい。だが、以前の感動が来ない。あのローカルの星、とまで思った桜あんぱんはどこへ? シェーン、カムバック・・・正直に言うと、そんな心境に陥った(古すぎる)。
          ナカダ13 
          こしあんと生地
          ナカダ14 
          夢の残り

「商売だから仕方ないでしょ。第一、私が思うに美味さは変わらないわよ。村長の舌がヘンなのよ」
「かもな。でも確認の意味で佐野のグルメ知人に電話してみたんだ。彼も確かに昔より小さくなったと言ってたよ。ま、ナカダは今や関東でも人気の店になったからね。仕方ないよって笑ってた」

昔むかし、銀座木村屋の桜あんぱんを凌駕する、とまで書いた村長としては、ここはひと言小さな声で訂正しなければならない。まだ銀座木村屋の桜あんぱんを凌駕する可能性はゼロではない、と。複雑な心境だが、ハローグッバイ・・・5年間の愛をこめて。

本日の大金言。

彼は昔の彼ならず。あんぱんも昔のあんぱんのままではない。進歩か退化か、それは「見えざる神の手」が決める、なんてね。







             ナカダ10 




「日本一親子丼」の味わい

 東京・永田町で利根川会議があり、その合間を縫って、久しぶりに赤坂周辺をうろつくことにした。時間が思っていたほどない。それに空模様が怪しい。蒸し暑さで体中がべとついている。台風が近づいている。

さすが赤坂、美味そうな店が多い。チャーハンの名店に行こうと思ったが、ちょうど昼時で長い行列。こんな日は行列はごめんだ。みすじ通りの途中で、「日本一親子丼」の立て看板が見えた。日本一親子丼だって? そのあざとさが気に入った。
          はやし 
          うーむ

ノボリまで立っていた。「すみやき料理 はやし」。赤坂山王会館ビルの4階。狭いエレベーターで上がることにした。有名店のようで客は多い。だが、午後1時近くなっていたためか、並ぶほどではない。

まさかの世界。赤坂の中心部の小さなビルの4階にかようなレトロの世界があるとは。調べてみたら、「すみやき料理 はやし」は創業が昭和39年(1964年)、つまり東京オリンピックがあった年。半世紀を超える歴史。
          はやし② 
          まさかの世界

ランチメニューは「親子丼」のみ。それも「少なめ」850円、「普通盛り」950円、「大盛り」1050円から選ぶ。恐るべき強気の一本勝負。赤坂という場所柄を考えると、それほど高くはない。

岐阜・飛騨高山の古民家を移築したという室内は、囲炉裏があり、自在鉤(じざいかぎ)が下がり、天井のすすけ具合も時代劇のセットのよう。ビッグハットのTさんもこっそりここに来ているに違いない。
         はやし13 
         ここは飛騨高山?
         はやし③ 
         お新香と鶏スープ

冷たい麦茶をガブと飲んでから、「普通盛り」(税込み950円)を頼んだ。待ち時間は12~3分ほど。まずお新香と鶏スープが来て、いい匂いとともにメーンの「日本一親子丼」がやってきた。陶器のドンブリ。
          はやし⑤ 
          ときめき

蓋がないのがやや残念(丼物は蓋を取る時の楽しみがある)。だが、ふわとろ卵のまんだら模様はマル。中央に張りのある色味の濃い生の卵黄が乗っていた。ふわとろの海に小さめの鶏肉がコロコロ隠れているのがわかる。ネギと三つ葉、それに刻み海苔。色彩の濃淡が悪くない。
          はやし⑥ 
          レベルの高さ

鶏スープをひと口飲んでから、木匙でグイと掬うと、いい匂いと湯気が立ち上がってきた。炊き立てのご飯がやけに白い。人形町「玉ひで」のような過剰なつゆだくではない。それを口に運ぶ。      
          はやし⑦ 
          ご飯のツヤと白さ

味付けは濃いめ。甘すぎないのがいい。鳥肉は胸肉が多く、弾力から見て、ここの売り物の大和鶏ではないと思う。フツーに美味い。卵の黄身を崩す。ドロリとした鶏の夢が痛ましく流れ出す。それが味わいにさらに滑らかさを加える。痛ましいけどポエム。
          はやし⑨ 
          ポエム
          はやし10 
          鶏肉がコロコロ

卵は多分3個使っている。ご飯が意図してだろうが、固めに炊かれている。鶏スープはあっさりし過ぎていて、もう少し深味が欲しい気がする。お新香はフツーの美味さ。ボリュームは多くもなく少なくもなく、ちょうど良い。大食漢は大盛りを頼んだ方がいいかもしれない。
          はやし11 
          胸肉?

全体としてレベルの高い親子丼だとは思うが、茅場町「鳥ふじ」や新橋「末げん」と比べると、それを超えているとは思えない。「日本で二番目の親子丼」くらいにしとけば、ユーモアもあっていいと思うのだが。おばさんスタッフの対応はとてもいい。「千住で二番」の北千住「大はし」の大将の顔が浮かんだ。帰りに途中下車しようかな。

本日の大金言。

親子丼の元祖は人形町「玉ひで」というのが定説。明治中期に、客がしゃも鍋の残りをご飯にかけた食べたのが始まりと言われているが、当初はメニューには出さなかったらしい。あまりにがさつだったため。それが今や丼物の中心の一つにまで出世している。賄い料理がブームになるなど、敷居の低い料理に案外旨いものが多い。



               はやし12 








「本棚カフェ」の森に沈む

かつて絹織物の街だった桐生からの帰り、古都・足利に立ち寄ることにした。目的は「カフェ杏奴(あんぬ)」

東京・新宿区下落合にあったカフェで、3年ほど前に故郷の足利に移転。いわばUターンカフェだが、「杏奴(あんぬ)」という店名は森鴎外の次女の名前。ちなみに長女は作家の森茉莉(もりまり)。店主が森鴎外のファンのようだ。
          杏奴 
          東京⇒足利物語

市の中心部通り2丁目(旧国道50号線)沿いへ。古いビルの一階に「カフェ杏奴」と書かれた白いスタンド看板が見えた。アンティークないい雰囲気。店構えから、どこかヨーロッパの小さな町の匂いが漂ってきた。
          杏奴① 
          よき文化の気配

今回テーブルに乗せるのはここで食べた「謹製ポークカレー」。「謹製(きんせい)」とはあまりに懐かしい言葉。「心を込めて丁寧に作りました」という意味。店主は言葉の感覚に優れているようだ。

入り口はそう大きくはないが、一歩店内に足を踏み入れると、長くて奥行きのあるユニークな空間。意外に広い。両側が書架(本棚)になっていて、そこに全集などの古本がずらりと並んでいた。ビートルズ本や平凡パンチも表紙も見える。中央の広いスペースにゆったりと木のテーブルがいくつか。目を閉じると本棚の森の中にでもいるような気分。
          杏奴④ 
          まさかの世界
          杏奴1 
          落ち着く
          杏奴③ 
          メニューの一部

時計の針が1970年代のまま。趣味のいい仕掛けがさり気ない。コーヒーのいい香りがかすかに流れている。村民2号の小鼻がぴくぴく動いた。気に入った時のシグナル。

感じのいいママさんに「ポークカレー」(税込み700円)を頼んだ。村民2号は「チキンカレー」(同)。コーヒー(プラス200円)を頼むのも忘れない。自家製黒みつ寒天付き。自家製マドレーヌも頼もうと思ったが「すいません。売り切れちゃいました」。
          杏奴⑤ 
         ポークカレー、登場
          杏奴⑥ 
          空から森へ

12~3分ほどの待ち時間で「ポークカレー」がやってきた。ミニサラダと自家製福神漬け・ラッキョウがきれいに盛りつけられていて、小さな器もシャレている。
          杏奴⑦ 
          丁寧なカレー

ポークカレーはママさん手づくりの欧風カレーで、豚三枚肉と玉葱がいい具合に煮込まれている。ルーは緩め。ライスとともに口に運ぶと、やや甘めだが、スパイスがかなり効いている。ボリュームはほどほど。飴色の多めの玉葱が特に気に入った。絶妙な煮込み方。
          杏奴⑧ 
          スパイシー
          杏奴⑨ 
          秀逸な玉葱
          杏奴10 
          あーんぬ

「チキンカレーはかなりのものよ。ポークカレーよりも当たりかも(笑)。ミニサラダも美味。福神漬けとラッキョウが薄切りで、これも気に入ったわ。ボリュームも女性にはちょうどいい」
「食後のコーヒーは?」
「ネルドリップで淹れた、本格的なものよ。さすが足利ね。こんないいカフェが隠れていたとは」
「マドレーヌが売り切れていたのがちょっと残念。次回はそれを食べなきゃ」
          杏奴14 
          自家製黒みつ寒天
          杏奴15 
          コーヒーの味わい

隣りの席の着物姿の美女が面白い人たちで、趣味で和服を着て、街を歩いているそう。しばし雑談。一人はシンガー、一人は陶芸家でもあり、偶然の出会いとはいえ、改めて古都・足利の奥の深さを思い知らされたのだった。

本日の大金言。

1970年代はまだ紙の時代だった。インターネットなど欠片もなかった。その数十年後に情報の伝達が紙からデジタルに大きく変化するなんて誰が予想しただろう? 手ざわり感が仮想の世界へ。コンピューターに支配される世界。人類はどこに向かっているのか。たまには本物の手ざわりの文化に沈んで、目を閉じて自己確認するのもいい。




プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR